天気予報

33

24

みん経トピックス

ツタヤで「擬音語&擬態語」を体験するバレンタイン企画

ツタヤで「擬音語&擬態語」を体験するバレンタイン企画

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(六本木6、TEL 03-5775-1515)では2月1日より、バレンタイン特別企画として擬音語と擬態語の辞書「GIONGO GITAIGO J゛ISHO」(ピエブックス、3,182円)の世界を体験できるイベント「GIONGO GITAIGO LOVESTORY」を開催する。同イベントは、会場のアートディレクションを同書のエディトリアルデザインを手掛けたアートディレクターの森本千絵さんが務め、店内では、オーダースウィーツで知られる「SWEETCH」(笠尾美絵さん)による「ぎおんごぎたいご・スウィーツ」(450円~3,450円)や「8月のキリン」(キリンビール)のパッケージイラストを手掛けたイラストレーター・大塚いちおさんの原画販売、映画「KILL BILL」の劇場予告を手がけた新井風愉さんによるアニメーション映像の上映などを行う。入場無料、2月19日まで。同書はイラスト、写真、物語で構成されるアートブックのような仕様で、カメラマンの中島宏樹さん、瀧本幹也さんらが参加しており、本年度のADC賞、THE ONE SHOW GOLDを受賞している。森本千絵さんはMr.Children「it's a wonderful world」や日産「NOTE」などのアートディレクションで知られている。

TSUTAYA TOKYO ROPPONGI

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング