プレスリリース

【岡山大学】個人で手軽にAI(人工知能)による画像自動分類が可能に! ~様々な分野の研究の省力化に貢献~

リリース発行企業:国立大学法人岡山大学

情報提供:


2021(令和3)年 10月 23日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




<発表のポイント>


これまでコンピュータに関する高度な知識が要求されたAIによる画像分類をMac(Apple社製PC)を使って通常のアプリと同様の操作のみでできるようにしました。
自分のもっている画像で学習させることができるので、自身の目的に合った様々な画像の分類が簡単にできるようになります。



◆概 要
 近年、生物学分野においても自動撮影機能つき顕微鏡が身近になり、自動で大量の画像が取得可能になってきています。反面、その解析は高価な解析システムまたは人手を要することが多く、大量の画像を低コストで自動解析するシステムが必要とされています。

 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の岡山大学資源植物科学研究所(IPSR)の長岐清孝准教授らは、無料または安価なアプリケーションを組み合わせて、身近にあるMacで機械学習を行い、分裂細胞を含む画像の分類ができる方法を開発し、本研究成果は2021年10月14日付で英国の専門誌「Chromosome Research」に掲載されました。

 この方法を用いれば、個々の研究者が、専門家の助けや高価なコンピュータ無しに、自身のもつ画像データを元にAIによるオーダーメードの画像自動分類機が手軽に作成できるので、様々な研究分野や研究以外の目的にも利用可能です。研究においては、このような簡易画像分類機の潜在的なニーズは意外に多く、様々な分野の研究の省力化に貢献できる方法です。機械学習は、顔認識や自動車の自動運転時の物体検出に利用されている技術ですので、本方法は、研究にかぎらず、皆さんの生活の中のオーダーメードの「これを見つけて!」を実現する方法になるかもしれません。


顕微鏡で自動撮影した写真中からAIにより目的とする分裂細胞を含む画像を自動分類できます
この例では連続したタマネギの根の共焦点レーザー顕微鏡写真からAIは細胞分裂の各時期の細胞を数秒で自動検出し、分類しました。右図は左図の四角部分の拡大図
この例では、AIは顕微鏡で連続撮影した16,848枚の写真中の91個の四分子のうち85個を約6分で自動検出しました


本研究に関するwebページは、下記からご欄ください。AIによる画像分類の流れを動画でご覧いただけます。
https://www.rib.okayama-u.ac.jp/nucleus/ML



◆長岐清孝准教授からのひとこと
 以前、論文投稿時に審査員から「で、そのサンプル内に各種細胞はいくつあるの?数えて数値化したら掲載してあげるよ」と要求され、6週間もかけて自分で数えたときに「どんな形の細胞でも自動で数えてくれる簡単で安い機械を出してよ!」と思ったのがこの方法を開発したきっかけです。
 簡単で安価であれば、研究の様々なシーンで思う、専門家にお願いするのは憚られる些細な「これ分けといて」「これ見つけて」を自力で自動化できます。
長岐清孝 准教授

◆論文情報
 論 文 名:Effectiveness of Create ML in microscopy image classifications: A simple and inexpensive deep learning pipeline for non-data scientists
 掲 載 紙:Chromosome Research
 著  者:Kiyotaka Nagaki, Tomoyuki Furuta, Naoki Yamaji, Daichi Kuniyoshi, Megumi Ishihara, Yuji Kishima, Minoru Murata, Atsushi Hoshino and Hirotomo Takatsuka.
 D O I:10.1007/s10577-021-09676-z
 U R L:https://link.springer.com/article/10.1007/s10577-021-09676-z


◆詳しいプレスリリースについて
 個人で手軽にAI(人工知能)による画像自動分類が可能に!~様々な分野の研究の省力化に貢献~
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20211018-2.pdf


◆参考情報
・岡山大学資源植物科学研究所(IPSR)
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/
・岡山大学資源植物科学研究所 統合ゲノム育種グループ
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/nucleus/IGBj/index.html

岡山大学資源植物科学研究所(倉敷市)

◆本件お問い合わせ先
 岡山大学資源植物科学研究所 准教授 長岐清孝
 〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-20-1
 TEL:086-434-1208
 FAX:086-434-1208
 https://www.rib.okayama-u.ac.jp/nucleus/IGBj/index.html

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年10月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000269.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学「THEインパクトランキング2021」総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース