3密を避けて新しい生活様式へ!

泉ガーデンタワーにフランス料理店、料理の趣向を分けて展開

六本木の泉ガーデンタワー3階に6月11日、フレンチレストラン「マ・シャンブル」が開店。シェフはギリシャ日本大使館で腕をふるった真中正晴さんが務める。写真は同店内サロンスペース。

六本木の泉ガーデンタワー3階に6月11日、フレンチレストラン「マ・シャンブル」が開店。シェフはギリシャ日本大使館で腕をふるった真中正晴さんが務める。写真は同店内サロンスペース。

  • 0

  •  

 飲食店運営のペッカリイ(港区)は6月11日、泉ガーデンタワー3階にフレンチレストレラン「Ma Chambre(マ・シャンブル)」(六本木1、TEL 03-3560-5013)をオープンした。店名はフランス語で「私の部屋」の意味。

 メニューは、「食材を活かした身体に優しいフレンチ」の「キュイジーヌ・ナチュレール」と、「フレンチの技を活かしたゴージャスな味わい」を提供する「キュイジーヌ・ガストロ」の2ジャンルを中心に揃える。シェフは、ギリシャ日本大使館での調理経験をもつ真中正晴さん。野菜は主に信州の「にしわきファーム」で作られた特別栽培野菜を使用する。

[広告]

 キュイジーヌ・ナチュレールでは、前菜「栃木県益子野菜のテリーヌ サーモンと帆立のティエド添え」(1,500円)、魚料理「真鯛の燻製と帆立のリゾット」(1,800円)、デザート「太陽いっぱいに浴びたトマトとバジルのソルベ野菜のミネストローネ」(1,200円)などを提供し、キュイジーヌ・ガストロでは、前菜「湯津上村産アスパラガスと蟹、アボカドのシャルロット仕立て」(1,800円)、肉料理「ノルウェー産仔羊鞍下肉、フォワグラの椎茸包みトリュフの香り」(3,800円)などを提供する。平均客単価は8,000円。

 店内は、ダイニングスペース、ラウンジバースペース、サロンスペースの3つで構成され、東京ミッドタウンの「Union Square Tokyo」を手がけた空間デザイナーの山際純平さんがデザインを担当した。店舗面積は160坪。席数は、ダイニング=84席、ラウンジバー=28席、サロン=30席。

 営業時間は、ランチタイム=11時30分~15時30分、ディナータイム=18時~23時、ラウンジバー=17時30分~翌2時。金曜日は翌3時まで。土曜・日曜・祝日はブライダルやパーティー等での貸切営業となる。

マ・シャンブル

  • はてなブックマークに追加