テレ朝通り沿いに「トマト」を使ったお好み焼き店

「ニューヨークの古い工場地帯」をイメージしたという店内。左手にカウンター席、右手にテーブル席、奥に個室が2室ある。

「ニューヨークの古い工場地帯」をイメージしたという店内。左手にカウンター席、右手にテーブル席、奥に個室が2室ある。

  •  
  •  

 飲食業のホナ(港区元麻布3)は7月16日、テレビ朝日通り沿い・麻布税務署向かいにお好み焼き・鉄板焼き店「HONA azabu(ホナ麻布)」(同、TEL 03-5772-5433)をオープンした。

 同店では、大阪風のお好み焼きにトマトを加えたお好み焼きを提供するのが特徴。関西風ソースの辛味と具材のキャベツの甘味に、トマトの酸味がよく合うという。オーナーや店長はじめ、スタッフは全員関西出身。店名について店長の藤山さんは「大阪弁のあいさつ『ほな』から。始まりも終わりもその一言で済む、便利な言葉です」と話す。

[広告]

 メニューは「王様トマトのお好み焼き」(1,500円)、「王様トマトの焼そば」(1,300円)、「王様トマトのとんぺい焼き」(1,000円)、「王様トマトのそば飯」(1,200円)をはじめ、「近江牛ホルモン」(1,500円)や「近江牛ロース(100グラム)」(3,800円)のほか、前菜やサラダなども提供する。ドリンクは「トマトによく合う」(藤山さん)というワイン(16種類)やシャンパンなども揃える。平均客単価は4,000円前後。

 店内は「ニューヨークの古い工場地帯をイメージした」(藤山さん)といい、壁面はレンガとモルタルで、カウンターやテーブルは木調。席はカウンターとテーブル席を中心に、ソファ席や個室(2室)も用意する。席数=46席、店舗面積=32坪。

 営業時間は月曜~土曜=18時~翌2時、日曜・祝日は24時まで。藤山さんは「主なターゲットとして、30歳前後の女性を意識しており、トマトやハーブなどの食材を使用している。開店からこれまでの様子では、親子連れや年配の方など、近隣の方々にもご来店いただいている」とし、「ゆくゆくは多店舗展開も考えていきたい」と話している。

  • はてなブックマークに追加