グッドデザイン大賞に三洋電機「エネループ」、環境配慮に共感

賞状を手にする三洋電機ブランド本部アドバンストデザインセンターの清水正人所長と、トロフィーを手にする小田慎二課長。

賞状を手にする三洋電機ブランド本部アドバンストデザインセンターの清水正人所長と、トロフィーを手にする小田慎二課長。

  • 0

  •  

 財団法人日本産業デザイン振興会(グッドデザイン賞事務局=港区赤坂9)は10月25日、グランドプリンスホテル赤坂(千代田区)で「グッドデザイン大賞」の選出と表彰式を開催した。

 「グッドデザイン大賞」は、先に発表された2007年度グッドデザイン賞の受賞作品の中から選ばれた、乾電池「エネループ」をはじめとする「eneloop universe Products」(三洋電機)、小型ビジネスジェット機「HondaJet」(本田技研工業)、オフィスチェア「スピーナ」(イトーキ)、ゲーム機「Wii(ウィー)」(任天堂)、新幹線車輛「N700系」(東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道ほか)、「東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット」(東京工業大学)の6候補から、投票によって選出するもの。同賞は今年から「内閣総理大臣賞」に格上げされた。

[広告]

 会場では各社による公開プレゼンテーションが行われた。通常のスライドを用いたものや映像を用いた紹介などが行われ、イトーキでは「かなり真剣に作った」という、商品のポイントを歌い上げるユニークなオリジナルソングを披露して会場の笑いを誘った。

 投票は「1位と2位の得票数の差が100票未満の場合は上位2社による決選投票」というルールが設けられ、各自10票を持つ審査員71名と今年度グッドデザイン賞を受賞した594社によって行われた。投票結果は「エネループ」=299票、「ウィー」=230票、「HondaJet」=206票、「スピーナ」=162票、「N700系」=164票、「東京工業大学緑が丘1号館レトロフィット」=106票となり、「エネループ」と「ウィー」の決選投票が実施され、「エネループ」=688票、「ウィー」=455票で、「エネループ」がグッドデザイン大賞に輝いた。今年度の審査委員長を務めた建築家の内藤廣さんは「各社のプレゼンテーションを見ていると、(各社の製品が)みんな良く思えてくるが、その中で環境ということを強調されて、そこがみなさんの共感を呼んだのでは」と話した。

 東京ミッドタウン内ミッドタウン・タワー5階の「デザインハブ」(赤坂9)では、大賞をはじめ特別賞受賞対象となった約40件を出展する企画展「グッドデザイン2007・ワールドプレミア Part2」が開催される。開催期間=10月26日~11月25日(11日休館)、開催時間=11時~19時。入場無料。

関連記事(六本木経済新聞)グッドデザイン賞デザインハブエネループ(三洋電機)

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース