ミナ ペルホネンが食器を発表-生活雑貨ブランドと合同展示会

写真=会場の様子

写真=会場の様子

  • 0

  •  

 港区・西麻布の「ギャラリー MITATE」(西麻布3、TEL 03-3479-3842)で4月15日より、「h+(エイチプラス)+ minä perhonen ミナ ペルホネンとh+の磁器コレクション」が開催されている。

 同コレクションは、ファッションブランド「ミナ ペルホネン」の食器と、生活雑貨ブランドの「エイチプラス」の商品を合同で展示・販売するもの。ミナ ペルホネンが食器を発売するのは今回が初となり、同ブランドのデザイナー皆川明さんがデザインし、長崎の磁器「波佐見焼(はさみやき)」のメーカー・堀江陶器(東彼杵郡)が製造する。エイチプラスは、女性誌などで活躍するインテリアスタイリストの小山佳子さん、長尾美智子さん、矢口紀子さんと、雑貨プランナーの小渕晋さんが堀江陶器と共同で立ち上げたブランド。

[広告]

 ミナ ペルホネンが出品するのは、「く」の字型のもち手に花模様が描かれたマグカップ(2,940円)や、全体が卵のように丸い形状で「フ」の字をモチーフにした湯のみ(3,465円)、蚊取り線香が納まるように渦巻きをかたどった「香取線香台」(3,675円)など、やわらかい雰囲気とユニークなアイデアが込められた磁器など7点。エイチプラスは、昭和初期のプレスガラスのカットの美しさをマットな磁器で再現した「プレスコップ」(1,260円~)、プレスボール(1,470円)、コルク栓付きワインボトル(4,200円)、止まり木をイメージした白のとっくり(2,625円)など、「仕事上、いろんなものを見てきた4人が、こんなものがあったらいいなと思うものをメーカーと一緒に形にした」(同ギャラリー広報担当者)という磁器約60点を出品する。

 同コレクション開催の経緯について同担当者は「皆川さんにギャラリーを気に入っていただいており、ミナ ペルホネンとの展開は今回で4回目となる。食器のコレクションも開催することになり、製造を手がける堀江陶器さんがエイチプラスにも携わっていたことから、合同でのコレクションが実現した」と話す。また、「エイチプラスの商品を扱うショップは都内にもあるが、全種類が揃うのは今回のみ」とラインアップに自信を見せる。

 開催時間は11時~19時(最終日は17時まで)。月曜定休。4月27日まで。

ミナペルホネンが南仏の老舗生地メーカーと企画展(六本木経済新聞)「ミナペルホネン」が11年間のアーカイブ展-西麻布のギャラリー(六本木経済新聞)四条河原町のレトロな建物に「ミナ ペルホネン」の直営(烏丸経済新聞)ギャラリー MITATE

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース