「洞爺湖サミット」PRイベントを六本木で-「サミット検定」も

写真=会場の様子

写真=会場の様子

  •  

 外務省(千代田区)は6月19日より、来月開催される「北海道洞爺湖サミット」のPRを目的としたイベント「サミットなびゲート」を港区・六本木で実施している。

 同イベントは、一般に向けてサミットを身近に感じてもらい、サミットの主要テーマである「環境・気候変動」などの国際課題への理解促進を目的として実施される。場所は六本木交差点近くの複合ビル「ラピロス六本木」(六本木6)の1階。

[広告]

 「環境・気候変動」「開発・アフリカ」「政治問題」「世界経済」の各主要テーマのブース出展をはじめ、サミットや洞爺湖に関する解説パネルを展示。温暖化の現状などを体感できる「デジタル地球儀」の設置や、クイズを通してサミットを理解する「サミット検定」なども行われる。また、世界の未来への願いを短冊に書いて、ササの葉に飾りつける「サミット短冊」も設置。7月9日まで。

 イベントについて外務省の広報担当者は「サミット自体の認知はかなり高まっているが『そこで何が話し合われるのか』ということについては、まだ知らない方も多い。私たちの生活に密着した身近なテーマを話すサミットだということを感じてもらえれば」と話す。

六本木ヒルズで警備犬によるテロ訓練-洞爺湖サミットに向けて(六本木経済新聞)エア・ドゥ、オリジナル・エコバッグを限定販売-就航地で植樹も(羽田経済新聞)駅弁でサミット応援-エコバッグ、バイオプラスチック容器で環境配慮(札幌経済新聞)「地球温暖化問題」テーマに国際マンガ展-内外の入選作品を展示(烏丸経済新聞)北海道洞爺湖サミット