「TAP」初上陸、飲食店の「水」で募金呼び掛け-六本木圏でも20店参加

「TAP TOKYO」のロゴ入りカード(写真=イメージ)をテーブルに置き募金を募る。

「TAP TOKYO」のロゴ入りカード(写真=イメージ)をテーブルに置き募金を募る。

  • 0

  •  

 レストランなどで出される「水」に100円以上のチップを支払うことで、衛生環境の悪い世界の子どもたちを支援する募金活動「TAP PROJECT」が3月、日本に初上陸する。

 ユニセフが中心となり、国連が制定した「世界水の日」(3月22日)にちなみ発足した同プロジェクトは、2007年ニューヨークで初めて実施された。世界の5歳未満の子どものうち5人に1人が安全な水を使えない現状を知ってもらうために、無料の水に対し1ドル以上の募金を呼びかける活動が反響を呼び、これまでに95万ドル以上の募金が集まったという。今年はアメリカ、日本のほか、カナダ、ニュージーランド、フィンランドなどでも展開される。

[広告]

 日本では、日本ユニセフ協会と博報堂、「hakuhodo+design project」が協力し、3月20日~22日、都内と近郊のレストラン、カフェなど約200店舗で「TAP TOKYO」と題し募金活動を実施する。日本での募金額は100円以上。「100円があれば、1人の子どもが40日間、きれいな水を飲むことができる」(同プロジェクト)。

 広域六本木圏では、六本木ヒルズ(港区六本木6)にあるイタリア料理店「「Il Mulino New York」、トリフ料理専門店「Terres de Truffes, Tokyo」、モッツァレラバー「OBIKA MOZZARELLA BAR, Roppongi Hills」、東京ミッドタウン(赤坂9)のアメリカ料理店「Union Square Tokyo」、グリル料理店「A971」のほか、イタリア料理店の老舗「レストラン キャンティ」の飯倉本店(麻布台3)と西麻布店(西麻布3)、四川料理「麻布長江  香福筵」(西麻布1)などのレストランやカフェ約20店が参加する。

 参加店の各テーブルには、活動の趣旨が書かれた専用のカードを置く。店で提供される無料の水やお茶に対して任意で100円以上の募金を呼びかける。また、一部店舗では専用の募金箱を設置するほか、公式サイトでも募金を受け付ける。国内でのキャンペーンで1,000万円以上の募金額を目指す。