「ビルボード ジャパン ミュージック アワード」-EXILE2年連続最優秀アーティスト賞に

全アーティストが登場したフィナーレ

全アーティストが登場したフィナーレ

  •  
  •  

 ビルボードライブ東京(港区赤坂9、TEL 03-3405-1133)と東京ミッドタウンホール(同)で2月6日、「Billboard JAPAN Music Awards 2010」の授賞式などが開催された。運営は阪神コンテンツリンク(大阪市福島区)。

各賞の受賞者とスペシャルゲスト、司会者が勢揃い

 2回目となる同アワードは、各チャート1位の楽曲を表彰する「チャート部門」だけでなく、過去1年間で1位を獲得した100組以上のアーティストを対象に行なわれた一般投票(総計約15万票)により上位を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト部門」、「新人賞」や米国ビルボード誌が選定する「米国ビルボード賞」などで構成される。今回は新たに「アニメチャート」を設けた。

[広告]

 全ての部門で投票数が最も多く、2010年に最も活躍したとされる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー2010(最優秀アーティスト賞)」に2年連続で「EXILE」が選ばれたほか、シングルセールスチャート年間1位~6位を「嵐」が占めるなど、「嵐旋風」の吹き荒れた1年でもあった。

 そのほかのチャート部門は、アルバムチャート年間1位にEXILEの「愛すべき未来へ」、エアプレイ・チャート年間1位にアウル・シティーの「ファイアーフライズ」、ジャズアルバムセールス・チャート年間1位にノラ・ジョーンズさんの「ザ・フォール」、洋楽サウンドトラックアルバムセールス・チャート年間1位にマイケル・ジャクソンさんの「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」、インディーズセールス・チャート年間1位にLiaさんと多田葵さん。新人賞にTEEさんの「ベイビー・アイラブユー」、K-Pop新人賞に4Minute、優秀ポップアーティスト賞にAKB48、EXILE、シド、西野カナさん、水樹奈々さん。優秀ジャズアーティスト賞にJ.A.M、優秀クラシックアーティスト賞にのだめカンタービレ、優秀インディーズアーティスト賞とアクティブアーティスト賞にHYなど。詳細はビルボードジャパンのサイトで確認できる。

 発表の合間には、各賞を受賞したアーティストのライブ・パフォーマンスのほか、スペシャルゲストとしてピンク・レディーのトリビュート・トーク、デビー・ギブソンさん、ニック・カーターさんのライブで会場を沸かせた。大トリには「インターナショナルコラボレーション特別賞」を受賞したチャカ・カーンさんとAIさんのコンビが、迫力のある歌唱力でR&Bを歌い上げた。チャカさんは「AIの歌声を初めて聴いたとき、ワオ!と思った。彼女は最高」と褒めたたえた。

  • はてなブックマークに追加