食べる

六本木に香港発・大型すし店「板前寿司」-初の24時間営業

開店の祝い花が飾られた「板前寿司」ファサード

開店の祝い花が飾られた「板前寿司」ファサード

  •  

 六本木交差点の近くに2月16日、香港をはじめアジアで34店舗を展開している「板前寿司」(港区六本木3、TEL 03-5770-5855)がオープンする。経営は板前寿司ジャパン(中央区)。

12貫、巻物、大名穴子、おわん、サラダ付の「板前 超豪華食べづくしセット」(3,129円)

 店舗面積は80坪、席数は105席。内装はガラスと木の素材を生かした空間に仕上げ、1階にはカウンター席とテーブル席を、2階には個室とオープンテラス席を設ける。

[広告]

 日本では2007年12月にオープンした赤坂店を皮切りに店を増やし、5店舗目となる六本木店は最大の広さを誇り、24時間営業を売りにする。

 毎年築地の初競りで最高額の本マグロを競り落とすことで話題を集める同店は、今年の初芹競りでも342キロの本マグロを史上最高値となる3,249万円で落札した。

 同店では新たに、「北海四色」(1,029円)、「贅沢三色」(1,974円)、「親子いくら」(819円)、「海鮮ひつまぶし」(1,380円)などのおひつシリーズをメニューに加え、他店で人気のランチメニュー「本まぐろにぎりセット」(980円)、「彩りにぎりセット」(980円)なども提供。コースは「ボリューム満点コース」(全7品=3,675円)など。テークアウトやデリバリーにも対応する。

 ドリンクは、ビール(504円~)、サワー(714円~)、ワイン(グラス=735円~、ボトル=3,675円~)、焼酎(577円~)などをそろえ、モエ・エ・シャンドンの「モエ アンペリアル」もグラス(1,365円)で提供する。