六本木に「ボードゲームカフェ」-バーの営業時間外に月一営業

オープン初日(5月14日)の様子

オープン初日(5月14日)の様子

  • 0

  •  

 六本木のバーラウンジ「INDIGO(インディゴ)」(港区六本木3、TEL 03-6427-0840)の営業時間外を使って月1回営業する「ボードゲームカフェ」が5月14日、オープンした。同店とデザイン事務所「ピチカートデザイン」(渋谷区)が共同で運営する。

 店舗面積は17坪。同店で毎週木曜日の昼間を利用したコ・ワーキングスペース「JELLY JELLY CAFE」を展開する同社社長の白坂翔さんのボードゲーム好きが高じて実現した。

[広告]

 「ボードゲームが大好きだが、場所を取るし人数を集めないといけないので、やりたくてもできなかった。最近はボードゲームの専門店があったり、ファンも増えたりしているので、自由に遊べる空間を作れば喜んでもらえると思った」と白坂さん。床にはマットを敷き、靴を脱いでゲーム盤を囲む。

 ゲームは「ディクシット」「ドミニオン」をはじめ、5~10分で決着がつく2人用の「どうぶつしょうぎ」などをそろえ、集まった人数や時間などで選ぶ。「人生ゲームやモノポリーしか知らない初心者がいても、誰かがルールを教えながら楽しんでゲームをしている。大人がアナログのゲームを囲んで無邪気に遊ぶなんて、忘れていた感覚なのでは。電気を使わないゲームも見直してほしい。ボードゲームを買う前に試してみたい人にもおすすめ」と白坂さん。将来的には「ボードゲームの大会なども開いてみたい」とも。

 営業日は第2土曜日で、営業時間は14時~19時。入場料は2,000円(1ドリンク付き)。フード持ち込み可。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース