見る・遊ぶ

六本木などでテクノロジーアートの祭典-WOW、ライゾマティクスなど

「IMA+ARART」

「IMA+ARART」

  •  
  •  

 六本木ヒルズ展望台チケットカウンター(港区六本木6)などで2月11日から、最新のテクノロジーアートを発信するショーケースイベント「MEDIA AMBITION TOKYO(メディア・アンビション・トウキョウ) 2015」が開催される。

 最先端のテクノロジーとアートが融合した展示やパフォーマンスを東京から世界へ発信することを目的に、おととしから開催されているイベント。過去2年間で約12万人を動員し、今年は六本木に加え、青山、お台場、飯田橋、渋谷を会場として開催する。

[広告]

 六本木ヒルズでは、デザインスタジオ「WOW」(渋谷区)と現代美術家の名和晃平さんが率いるクリエーティブプラットホーム「SANDWICH」(京都市)がオフィスを一時的に移設し、業務作業を観客の前で行う「MAT Lab.」を展開。表現者の日常をつまびらかにすることで、デザインと現代美術の新たな融合の可能性を探る。今月15日まで。同13日の19時からは、名和さんとWOWの於保浩介さんによるトークセッション「デザイン×現代美術-クロスオーバーの可能性-」も開催する。

 東京ミッドタウン(赤坂9)では、現在開催中の「ダイナースクラブ アイスリンク in 東京ミッドタウン」を舞台に、滑走者が2人組で滑った軌跡がスクリーンの映像に描き出される体験型メディアアート「スケート ドローイング」をクリエーター集団ライゾマティクスが展開。参加希望者は会場内の特設カウンターで申し込みを行い、同時に5組まで参加可能。14日まで。

 IMA CONCEPT STORE(六本木5)では、マチルダ(岐阜県)が制作したスマートフォンをかざすと写真が動きだすiOSアプリ「IMA+ARART」で体験できるAR作品の展示「アマナ×マチルダ」を展開。22日まで。期間中3回、トークセッションも開催する。11日15時~17時はチームラボの猪子寿之さん、ライゾマティクスの齋藤精一さんが出演。同日19時~21時は写真家の本城直季さん、マチルダの白鳥啓さん、「WIRED」日本版編集長の若林恵さん、「IMA」エディトリアルディレクターの太田睦子さんが出演。15日19時~21時はアーティスト集団「ANTIVJ」のオリヴィエ・ラツィさんと若林さんが出演する。トークセッションの参加費は一般=1,500円。

 そのほか、フランスのエレクトロニック・ミュージック・グループ「Egyptology」やHair Stylisticsの中原昌也さんが出演するライブイベント「Arigat? Tokyo, Bonjour Paris」(スーパーデラックス、14日19時30分~)、バルタザール・オキシエートルさんのインスタレーション「第5の睡眠」(アンスティチュ・フランセ東京 ホール、2月13日~3月22日)などを開催する。

 同イベントは3月29日まで。

  • はてなブックマークに追加