見る・遊ぶ

六本木「スヌーピーミュージアム」が最後の企画展 9月で閉館

展示される登場キャラクターの人間模様を描いた原画©Peanuts Worldwide LLC

展示される登場キャラクターの人間模様を描いた原画©Peanuts Worldwide LLC

  •  
  •  

 六本木の「スヌーピーミュージアム」(港区六本木5、TEL 03-6828-1960)で4月21日、最後の企画展「ともだちは、みんな、ここにいる。」が始まった。

同施設で提供される「ユードラのパープルサンデー」©Peanuts Worldwide LLC

 2016年4月にオープンした同施設。約半年ごとに1つのテーマを設けて企画展を開くほか、季節や記念日などにちなんだ特別企画を行っており、これまで約95万人が来場した。今回の企画展を最後に、当初の予定通り9月で閉館する。

[広告]

 今回の企画展では、「ともだちは、みんな、ここにいる。」をテーマに、「ピーナッツ」のキャラクターの人間模様、動物、植物との友情など、さまざまな関係性を描いた約80点の原画とアニメーション映像を展示する。

 施設内の「BROWN'S STORE(ブラウンズストア)」では、アウトドアブランド「KELTY」とコラボレーションした「KELTY デイパック」(1万円)や、「ピーナッツ」に登場するスヌーピーと仲良しの「ウサギ」のぬいぐるみ「くたくたウサギのぬいぐるみ」(2,500円)などオリジナル商品を用意する。「Café Blanket(カフェブランケット)」では、友達同士が塀に寄り掛かって語らうシーンをイメージした「FRIENDSHIP ホットドッグ」(1,580円)や、「スヌーピーとウサギのキャロットサラダ」(1,380円)など、今回のテーマにちなんだメニューを用意する。

 最終回を記念して、5月7日~9月21日に予約なしで3回入館できる「トリプルチケット」(3,200円)も用意。「スヌーピーミュージアム」の外観、展覧会などを収めたメモリアルポストカード(6枚)もセットで付く。5月7日から、オフィシャルショップ全店、公式オンラインショップで販売する。

 広報担当者は「『ともだち』は、コミック『ピーナッツ』を貫く大切な要素で、ミュージアムのキーワード。最終回にふさわしいテーマと考えた。おなじみのキャラクターのさまざまな友情のあり方を、原画や解説を通じて知ってほしい。展示の終盤には、最終回を感じさせる演出や新作アニメーションがあるので、こちらも楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 開館時間は10時~20時。入館料は、一般=1,800円(当日券は2,000円)、大学生=1,200円(同1,400円)、中学・高校生=800円(同1,000円)、4歳~小学生=400円(同600円)。9月24日まで(6月5日のみ休館)。

  • はてなブックマークに追加