東京ミッドタウン、期間限定で青果市-地域との共生目指す

  •  
  •  

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)は10月5日~8日の4日間、「ミッド・マーケット」を開催する。

 同イベントでは、「日本産」や「産地直送」にこだわった野菜や果物などの青果を、施設内のガレリア地下1階「ウッドテラス」で販売する。開催理由について東京ミッドタウンマネジメント(赤坂9)の担当者は「東京ミッドタウンは『JAPAN VALUE』というコンセプトを掲げており、品揃えは日本産の野菜にこだわった。近隣住民や都市生活者に提供することで、地域との共生による街づくりを図りたい」と話している。

[広告]

 会場には、珠樹自然農園、内野優、芳源ファーム、葉っぱや、JA農協など全14ブースが出店を予定。また、施設内のイタリアンレストラン「CANOVIANO CAFE」が京九条ネギ、京水菜、京小芋、京にんじん、京小カブなどの京野菜を販売するほか、「HAL YAMASHITA 東京」「Union Square Tokyo」「A971」などの飲食店も出店し、通常営業時に仕入れている食材を販売する予定。

 開催時間は9時~16時。雨天決行。今後の定期開催については「未定」(同)という。

ミッド・マーケット(東京ミッドタウン)

  • はてなブックマークに追加