「日本総合格闘技協会」設立-大会名称を一般募集

写真は会見の様子。左から福田富昭氏、木下直哉氏、安田隆夫氏。

写真は会見の様子。左から福田富昭氏、木下直哉氏、安田隆夫氏。

  •  
  •  

 東京プリンスホテル(港区芝公園3)で10月15日、「株式会社ワールドビクトリーロード」(新宿区)および「日本総合格闘技協会」(事務局=新宿区を予定)の設立に関する記者会見が開かれた。

 会見には国際レスリング連盟(FILA)副会長および財団法人日本レスリング協会の会長を務める福田富昭氏、木下工務店(新宿区)代表取締役の木下直哉氏、ドン・キホーテ(新宿区)代表取締役会長の安田隆夫氏が出席。同日付で総合格闘技の任意団体として「日本総合格闘技協会」を発足すると発表した。

[広告]

 協会は、「総合格闘技の統括、選手の国際的な獲得・交流・育成、審判員の育成・ルールの検討、大会の開催、組織の普及」(福田氏)などを行う組織で、福田氏が会長、安田氏が副会長、木下氏が副理事長を務める。運営・経営・イベントの立ち上げなどを行うワールドビクトリーロードは、木下氏が代表取締役社長を務め、事業の経営面を担う。

 また、元・警視総監の井上幸彦氏を筆頭に、計9人で構成されるコミッション委員会を立てる。委員会は「公明正大な経営を行うための検証機関」(福田氏)として、コンプライアンスの検証や総合格闘技事業の社会通念・道徳などに関する問題の検証、経営方針に関する助言などを行う。

 木下氏は会見冒頭で、「現在、日本における総合格闘技が下火になってきている。総合格闘技は日本発祥で、非常に盛り上がってきた格闘技。しかし、このままでは(総合格闘技が)消えてしまうという思いがあり、数名の有志が集まり、協会を作った」と話し、福田氏は「日本にも世界にも総合格闘技の協会は無い。総合格闘技という、ひとつの格闘技を確立するため、協会を設立する」と設立の意図を語った。協会の発足および会社設立については「今年の春先ごろ」(木下氏)から考えていたという。

 安田氏は「(総合格闘技は)スポーツとして競技体系が成立していないがゆえに、メディアにおける取り扱いも極めて限定的な状況。PRIDEという極めて大きな団体が興行が出来なくなるような事態に陥り、多くの選手が宙に浮いている。選手は鍛錬・精進しているにもかかわらず、成果を発揮する土俵すら与えられていないという不条理に直面している。総合格闘技は本来もっと脚光を浴びるべき。我々民間企業が、微力ながら全力を尽くして支えていく」と話した。

 具体的な活動時期や選手の獲得状況、興行イベントの内容・日時については「発表できる段階ではない」(福田氏・木下氏)という。また、既存の団体や協会とは協力・提携を進めていく意向だと話している。協会では同日より、大会名称の一般募集を開始した。郵送とサイト上で受け付けており、締め切りは10月31日。

ワールドビクトリーロード

  • はてなブックマークに追加