伝統の「折形」や「水引」の企画展-とらや東京ミッドタウン店

写真=企画展の模様。

写真=企画展の模様。

  •  
  •  

 東京ミッドタウン内の和菓子店「とらや東京ミッドタウン店」(港区赤坂9、TEL 03-5413-3541)で11月16日より、「寿(ことほ)ぎのかたち展」が開催されている。

 同展は、贈答品や金封などを包む折形や水引などに関連したものを展示する企画展。折形では折形デザイン研究所(港区南青山4)、水引では産地として知られる長野県の田中七郎商店が協力した。

[広告]

 折形では、紅白に塗り分けられた1枚の紙で、32通りの形態を生む「Fold IN Fold OUT」をはじめ、1816年に作られた「伝統的折形の雛形」(作者不明)や、1840年に作られた「包結記」(伊勢貞丈)、1846年に作られた「五節句餝之巻」(作者不明)なども展示する。また、水引では23種類の結びの様子を丸皿にのせて展示する。

 展示期間は2008年1月15日まで。営業時間は11時~21時。店内では企画展にあわせて作られた「五色糸ぽち袋」や「松竹梅ぽち袋」(ともに525円)や「祝箸」(2,625円)なども販売する。また、12月11日、14日、20日には祝儀袋を制作するワークショップも開催する。参加費は2,000円で、定員は各回20人。

とらや

  • はてなブックマークに追加