ヤフー、米・イーベイと提携-「セカイモン」立ち上げ

写真=「セカイモン」トップページ

写真=「セカイモン」トップページ

  •  
  •  

 ヤフー(港区六本木6)は12月4日、米・インターネットオークション会社eBay(イーベイ)とオークション事業で提携すると発表した。イーベイは1995年設立。38カ国で展開するオークションサービスで、約2億4,800万人が登録し、2006年の取引総額は520億ドルにのぼる巨大市場。2000年に日本へ進出したが、2002年に撤退していた。

 両社は同日、日米におけるネットオークションの国際取引市場の創出を目的に、購買代行サイト「セカイモン」を共同で立ち上げた。サイトは米・イーベイでの出品情報がAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェース)で提供され、ヤフーが提供する「Yahoo! JAPAN ID」を利用でき、日本国内から米・イーベイのオークションに参加することが出来る。言語は自動翻訳となり、通関、国際配送、決済、ユーザーサポートなどは、ギャザリングやドロップシッピングなどを手がけるネットプライスドットコム(渋谷区)の子会社ショップエアライン(カリフォルニア州)が行う。決済にはクレジットカードとペイパルが利用可能。

[広告]

 同日ヤフーで行われた合同記者会見には、井上雅博代表取締役社長とイーベイインターナショナルのローリー・ノリントン社長らが出席。提携は数年かけて取り組み、3段階に分けて展開する。第1段階では「セカイモン」の立ち上げ、第2段階では「Yahoo!オークション」上で米・イーベイの出品情報を提供し、第3段階では米・イーベイのサイト上で「Yahoo!オークション」の出品情報を提供するという。第2段階は2008年3月を予定し、第3段階は「来年のクリスマスシーズンまでには実現したい」(井上社長)という。

 3社は、取引にかかる手数料やサイト内の広告収益などを分割することで利益を得る。手数料は商品価格の15%程度になる見込み。会見でローリー社長は「イーベイは世界各国で展開しており、クロスボーダートレードの専門知識をもつ。ヤフーは日本における魅力的なオークション市場を持っており、両社の提携は成功できる関係。最善のショッピング体験を提供できると考えている」と話した。「Yahoo!オークション」は1999年9月よりサービス開始、2006年の取扱高は7,127億円にのぼる。

セカイモンYahoo!オークションイーベイ

  • はてなブックマークに追加