西麻布のクラブ「イエロー」が6月閉店-入居ビルの解体で

写真=「イエロー」のフロア写真

写真=「イエロー」のフロア写真

  •  
  •  

 西麻布を代表するクラブ「Space Lab YELLOW(スペース・ラボ・イエロー、以下イエロー)」(港区西麻布1)が6月末に閉店する。

 イエローは1991年12月、西麻布のクラブ「P.PICASSO」や渋谷のクラブ「CAVE」を運営してきたスタッフのプロデュースによりオープンした。「クラブとしてだけでなく、色々面白いことをたくさんやりたい」という思いから空間実験室を意味する「スペース・ラボ・イエロー」と命名。これまでに1,500~2,000人以上を集めるイベントを複数開催するなど知名度も高く、現在レギュラーイベントで「Fantastic Plastic Machine」の田中知之さんが出演する「GRAND-TOURISME」を開催するなど著名DJが多数出演している。

[広告]

 閉店の理由についてイエロー企画室担当者は「店舗が入るビル側より解体に伴う立ち退き要請があり、協議の結果2008年6月末日を持って退去することになった」と説明しており、現在のところ再開スケジュールは未定となる。

 閉店にあたり同担当者は「東京を代表するクラブとして海外でも高く評価されてきたが、このような形で閉店するのは残念。ぜひ一度本当のクラブの楽しさをみなさんに味わっていただければと思う」と話す。イエローでは、6月20日と21日の2日間、閉店に伴うファイナルパーティーを予定しており、詳細は今後発表する。

閉店のお知らせ(スペース・ラボ・イエロー)

  • はてなブックマークに追加