天気予報

22

19

みん経トピックス

フィンランド学生のデザイン人気韓国料理店の国内1号店

米発フローズンヨーグルト「GOLDEN SPOON」-国内初上陸

  • 0
米発フローズンヨーグルト「GOLDEN SPOON」-国内初上陸

写真=店舗イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 外苑東通り沿いの東京ミッドタウンの真向かいに3月29日、米国・南カリフォルニア発のデザートショップ「GOLDEN SPOON 六本木店」(港区六本木7、TEL 03-6240-0141)がオープンする。

 GOLDEN SPOONは、創業者のジェフ・バーンズさんが「アイスクリーム好きのためのヨーグルト」 をコンセプトに開発したフローズンヨーグルトショップ。米国内に約90店を展開する。同店は日本初出店で、GOLDEN SPOON社の海外出店の第1号店にもあたる。

 同社のフローズンヨーグルトは従来のフローズンヨーグルトにある特有の酸味を抑え、「アイスクリームのような味わい」(同社)とやわらかな食感が特徴。低脂肪、低カロリーで、カルシウムやタンパク質も豊富に含むことから、健康的なデザートとしても楽しめるという。

 メニューはサイズごとに値段が異なり、ミニ(320円)、スモール(380円)、レギュラー(480円)、ラージ(580円)、パイント(680円)、ワッフルS(380円)、ワッフルM(480円)、コーン(350円)。フレーバーは、「オールドファッションバニラ」、「ベルジアンチョコレート」、「バナナ」、「ラズベリー」、「カプチーノ」、「クラシックコーヒー」、「トフィー」、「ピーナッツバターカップ」、「ラズベリーチーズケーキ」、「ピナコラーダ」など、独特の珍しいフレーバーを取り揃える。本国で展開する50種類以上のうち、現時点で24種類の入荷が決まっており、ヨーグルトミックスは、南カリフォルニアの専用指定工場にて製造するものを輸入する。また、オプションでトッピングメニューも設け、「マンゴー」や「アロエ」などのフルーツ類や、「チョコクッキー」「ワッフル」などをトッピングできる。フレーバーは店舗に常時15種類を用意し、1カ月ごとにメニュー入れ替えを行う。

 店内は米国の店舗同様に赤と白を基調とする。店舗面積=約30平方メートル。営業時間は月曜~木曜=11時~22時、金曜=11時~翌3時。土曜・日曜・祝日=10時~21時。

 六本木に海外第1号店を展開するに至った経緯について同社広報担当者は「おしゃれなイメージがあり、国際色も豊かで外国人の方が多い。国内1号店として『幅広くみなさんに食べてもらいたい』という目的に合致する場所として選んだ」と話す。メーンターゲットは20~30代の健康志向の女性。

 同社では年内に、直営店3店を東京駅などに出店するとともに、関東・関西地区でのフランチャイズ展開を予定する。2008年末には、全世界で135店の展開が予定されており、日本国内では5年間で全国100店を目指す。

GOLDEN SPOON

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

秋の晴天時には、テラス席で楽しむのもまた格別
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング