六本木けやき坂下に新スポット-ギャラリー&カフェの複合店

写真=店舗外観

写真=店舗外観

  •  
  •  

 ギャラリーとカフェレストランの複合店「ZEL CAFÉ/GALLERY(ゼル カフェ/ギャラリー)」(港区六本木5、TEL 03-3470-3347)が4月9日、六本木けやき坂のふもとにオープンした。

 同店は「ブルーマングループ」の拠点「インボイス劇場」の前に位置し、ダイニングバー「ローリングストーンカフェ」などが入居するビル1階で営業を行う。通りに向かって設けたギャラリースペースでは、気鋭アーティストを紹介する自主企画展を実施し、イベントなどのレンタルスペースとしても活用する。営業時間は10時~22時。

[広告]

 ギャラリーの企画・運営はラップネット(渋谷区)が手がけ、オープニング展ではクリエーターのマネジメントオフィス「KiKi inc.」の所属クリエーターによる展覧会(4月20日まで)を開催する。今後は、著名ファッション・フォトグラファーのテリー・リチャードソンさんの父、故ボブ・リチャードソンさんの写真展のほか、ロックバンド「ブランキー・ジェット・シティ」のボーカル兼ギターとして活躍した浅井健一さんのアート作品展を予定する。

 併設するカフェレストランはトリプロデュース(渋谷区)が企画・運営を担当。「誰でも、いつでも、どんな時でも来ることができる」(同店広報担当者)普段使いの店舗を目指し、営業時間が9時30分~翌5時と深夜営業も行う(深夜営業は4月18日からを予定)。朝(9時30分~11時)・昼(11時~15時)、日中(15時~18時)、夜(18時~翌2時)と時間帯に合わせて提供メニューを変え、多様なニーズに対応する。今後はイベント等でのレンタルも予定している。

 メニューは30代前後の女性をメーンターゲットに開発した。ランチタイムにはスープ、パスタ、サンドイッチなどのセットメニュー(1,100円~)、夜は前菜、主菜、パスタやリゾット、デザートなど本格的なレストラン料理を「アフォーダブル」(同社)な価格で揃える。特に、店内でつくるパンや野菜を取り入れたメニュー、ココット料理、石垣島から取り寄せた果物を使ったスイーツに力を入れる。想定客単価は、夜利用で3,000円~5,000円。

 店内のデザインは「TORAYA CAFÉ」(六本木6ほか)を手がけた建築家の武松幸治さんが担当した。ギャラリースペースはグレーを基調としたシャープな空間、カフェスペースはあたたかみのある空間づくりを意識し、全体として居心地の良い空間づくりを目指した。店内は喫煙可能で、ペットを連れて入店できる。席数はダイニング=46席、テラス=44席。同店の施設管理は森ビル(六本木6)が行う。

「ZEL CAFÉ/GALLERY(ゼルカフェ/ギャラリー)」ギャラリー内観(画像)「ZEL CAFÉ/GALLERY(ゼルカフェ/ギャラリー)」カフェの内観(画像)「ZEL CAFÉ/GALLERY(ゼルカフェ/ギャラリー)」カフェ料理メニュー(画像)六本木ヒルズ近くにギャラリーとカフェレストランの複合店(六本木経済新聞)70年代の米国をイメージしたダイニングバー、六本木けやき坂下(六本木経済新聞)

  • はてなブックマークに追加