「グリーンカーペット」に麻生首相-「東京国際映画祭」が開幕

写真=「第21回東京国際映画祭」の「グリーンカーペット」に出席した麻生首相。

写真=「第21回東京国際映画祭」の「グリーンカーペット」に出席した麻生首相。

  • 0

  •  

 「第21回東京国際映画祭(TIFF)」が10月18日、開幕した。10月26日までの9日間、六本木ヒルズ(港区六本木6)とBunkamura(渋谷区)をメーン会場に、都内の劇場やホールなど複数の拠点で開催される。

「東京国際映画祭」開幕イベントに出席した麻生首相(画像)

 開幕初日、六本木けやき坂通りには例年のレッドカーペットに代わり、500ミリリットルのペットボトル約18,000本を再生して作った長さ約200メートルの「グリーンカーペット」が敷かれた。同映画祭は今年、地球環境保全をメッセージとした「Action! for Earth」をスローガンに掲げており、緑色のカーペットはその一環。沿道と六本木ヒルズアリーナ(六本木6)には、出席するゲストを一目見ようと約8,000人が詰めかけた。

[広告]

 ゲストは、環境に配慮したトヨタ自動車の超小型乗用車「iQ(アイキュー)」で会場に駆けつけた。グリーンカーペットには、映画祭大使を務める女優の木村佳乃さん、「グリーン・アンバサダー」を務めるモデルの杏さんをはじめ、オープニング作品の「レッド・クリフ-part I-」に出演した俳優のトニー・レオンさん、金城武さん、ジョン・ウー監督、「ブタがいた教室」の妻夫木聡さん、「ホームレス中学生」に出演した小池撤平さん、池脇千鶴さん、原作者の田村裕さん、「余命」の松雪泰子さん、椎名桔平さん、「少年メリケンサック」の宮藤官九郎監督、宮崎あおいさん、佐藤浩市さんら出演者や監督など、映画関係者約300人が出席した。

 また、グリーンカーペットの終盤には麻生太郎内閣総理大臣、二階俊博経済産業大臣も駆けつけた。「映画祭のカーペットセレモニーに出席いただくのは、歴代首相で初」(同映画祭事務局)という。意外なゲストに沸く会場の中、麻生首相は「21回目の開催、おめでとうございます」と祝辞を述べた。ゲストの姿を収めようと詰めかけた報道陣はスチール=290台、ムービー=101台、記者=180人で、300人を超える警備員が警備にあたった。

 今年の東京国際映画祭では、「レッド・クリフ-part I-」を含む「特別招待作品」=19作品、「コンペティション部門」=15作品、「アジアの風」=35作品、「日本映画・ある視点」=10作品、「ワールド・シネマ」=10作品のほか、エコロジーを切り口とした特別企画「natural TIFF」=27作品などを上映する。六本木ヒルズでは会期中、施設内の「Hills Café/Space」を映画ファンの交流スペース「TIFF movie café」として営業するほか、六本木ヒルズアリーナで関連イベントなどを連日開催する。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース