六本木ヒルズでエコイベント-古内東子さんと一緒に廃材で楽器づくり

パノラマ・スティール・オーケストラと演奏を楽しむ古内東子さん

パノラマ・スティール・オーケストラと演奏を楽しむ古内東子さん

  •  
  •  

六本木ヒルズ(港区六本木6)アリー ナで10月10日、古内東子さん、パノラマ・スティール・オーケストラを迎えたJ-WAVE主催のイベント「DOCOMO CONCERT×J-WAVE GROW GREEN PROJECT」が行なわれた。

 J-WAVEが昨年より実施している、東京にグリーンな気持ちを広げるプロジェクト「GROW GREEN PROJECT」の第2弾となる同プロジェクトの新たなアクションとして、同局とNTTドコモがコラボレーションしたフリーコンサート。

[広告]

 初めに古内東子さんが、自身が大好きな曲でもある「誰より好きなのに」を合わせて3曲を披露。古内さん自身のエコ活動については、「ペットボトルの飲み物はなるべく控えるようにして、飲み物はコップで飲むようにしている。食料品を買うときはマイ・エコバックを必ず持参するようにしている」と語った。

 ライブ内ではDOUBLE FAMOUSのパーカッショニスト民(TAMIE)さんと一緒に、廃材でつくるエコ楽器をつくるワークショップを開催。会場に集まった観客は、ワークスペースに用意された不要なペットボトルやプラスチック容器で、ひまわりの種や大豆、マカロニ、米、ビーズなどを中に入れて楽器(シェイカー)を作り、パノラマ・スティール・オーケストラと古内さんと一緒に「オブラディ オブラダ」、「オーバー・ザ・レインボウ」を演奏、会場内がリズムと笑顔で一つになった。

 会場では、NTTドコモがケータイリサイクルコーナーを開設。不要になった携帯電話の回収を実施し、集められた携帯電話はリサイクルされたり植林活動に生かされたりしている。

  • はてなブックマークに追加