六本木ヒルズ展望台で元旦「初日の出営業」-予約受け付け始まる

スカイデッキから初日の出を眺める人々(写真=2009年元旦)

スカイデッキから初日の出を眺める人々(写真=2009年元旦)

  •  
  •  

 六本木ヒルズ(港区六本木6)展望台で行われる元旦の恒例行事「2011年 初日の出特別営業」の予約申し込み受け付けが11月15日から始まった。

 高さ270メートルと、屋外展望フロアとしては日本一を誇る「スカイデッキ」、52階「スカイギャラリー」で初日の出とともに新年を祝う同イベント。  眼下に広がる東京のビルや建物が初日の出によって徐々に色づいていく光景を見ようと毎年多くの申し込みがあり、昨年は5,000人以上の応募があったという。

[広告]

 当日は、振る舞い酒や新年の抱負をしたためるオリジナル絵馬カードコーナーなども設ける予定。

 応募人数は1,000人(スカイデッキ200人、スカイギャラリー800人)で、定員以上の応募があった場合は抽選となる。申し込みは12月12日24時まで東京シティビューのサイトで受け付けており、当選者には12月17日までにメールで連絡する。

 開催時間は6時~8時。入館料は初日の出特別料金で、スカイギャラリーは一般=2,000円、高校生・大学生=1,500円、4歳~中学生=1,000円、スカイデッキは一般=3,000円、高校生・大学生=2,500円、4歳~中学生=1,500円。

  • はてなブックマークに追加