六本木ヒルズで「スカイプラネタリウム」-大平貴之さんプロデュース

「スカイプラネタリウム」イメージ画像

「スカイプラネタリウム」イメージ画像

  •  
  •  

 六本木ヒルズ・森タワー(港区六本木6)52階の森アーツセンターギャラリーで11月26日より、「スカイプラネタリウム」が開催される。総合プロデューサーは大平貴之さん。

 大平さんは日本大学在学中に、個人製作は不可能といわれていたレンズ投影式プラネタリウム「アストロライナー」の開発に成功。日本科学未来館と共同開発した投影星数560万個の「MEGASTAR-II cosmos」は、「世界一先進的なプラネタリウム」としてギネスワールドレコードにも認定されている。その後も新製品を相次いで開発する一方、講演やアーティストとのコラボレーションを積極的に行っている。

[広告]

 会場を3つのゾーンに区切り、1つのストーリーとして展開する同企画。1つ目のゾーンは、「空に広がる満天の星」と「地上に広がる銀河(=華やかな東京の夜景)」を巨大スクリーンに投影。2つ目のゾーンでは、太陽系を中心とする一千光年の宇宙空間を、世界初となる「3D ウオークスルー型プラネタリウム」として再現し、星空を歩いているような浮遊感を楽しめる。3つ目のゾーンは、森タワー屋上の「スカイデッキ」が「スター☆デッキ」となり、望遠鏡(有料)で本物の夜空を見上げ、宇宙を感じることができる。

 「スター☆デッキ」では天体観測会やセミナー、子ども向けワークショップなどを予定するほか、ギャラリーでは占星術研究家・鏡リュウジさんがプロデュースした高さ5.6メートルのクリスマスツリーが登場し、星座別の運勢を占える。

 開催時間は11時~22時(金曜・土曜・祝日は23時まで。2011年1月1日は22時まで)。入場料は、一般=1,800円、高校・大学生=1,300円、4歳~中学生=800円。2011年2月13日まで。

  • はてなブックマークに追加