見る・遊ぶ

人気ゲームソフト「メタルギア」原画展-コナミスタイル東京ミッドタウン店で

©2010 Konami Digital Entertainment

©2010 Konami Digital Entertainment

  •  

 コナミスタイル東京ミッドタウン店(港区赤坂9、TEL 03-6406-0573)で1月15日から、ゲームソフト「METAL GEAR(メタルギア)」シリーズのデザインなどを手がける新川洋司さんの原画展「新川洋司展 THE ART OF YOJI SHINKAWA」が開催される。

 日本のみならず世界でも販売され、累計販売本数2,950万本(2010年9月末時点)を超える人気ゲームソフトの「METAL GEAR」シリーズ。

[広告]

 新川さんは、「METAL GEAR SOLID」(1998年発売)から同シリーズのキャラクター&メカニックデザインを担当。その後、「ZONE OF THE ENDERS」(2001年発売)、「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」(2003年発売)でメカニックデザインを手がけ、映画「ゴジラ FINAL WARS」(2004年公開)など幅広く活動している。

 国内だけでなく海外にも多くのファンを持つ新川さん。昨年6月には、フランス・パリで同シリーズの原画展を開いた。

 会場では、同展出品作品も含め、原画、立体造形などを展示するほか、新川さんのサインやシリアルナンバーが入った複製原画(各2万5,200円)、これまでの作品のイラストやラフスケッチなどを収めたブックレット(各1,050円)なども販売。ポストカードコレクション(1,260円)、クリアファイル(各350円)などもそろえる。

 初日のオープニングイベントでは、新川さんによるライブアート(先着20人)やサイン会(先着50人)を予定。ライブアートは、同展終了まで新川さんが不定期に来店して描き進め、絵を完成させていくという。

 期間中、対象商品(3,000円以上)の購入客先着1,200人にカードサイズのオリジナルカレンダーを進呈する。

 営業時間は10時~21時。今月30日まで。ライブアート・サイン会には、朝7時から配布する整理券が必要。時間などの詳細はホームページで確認できる。