食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

増上寺で国際協力NPOがフェス-南アジア料理屋台やサリー街歩きなど

ファッションショーでモデルを務めるミスキャンパスたち

ファッションショーでモデルを務めるミスキャンパスたち

  •  
  •  

 増上寺(港区芝公園4)で10月27日・28日、シャプラニール設立40周年を記念したイベント「シャプラニール・フェスティバル~海外協力に出会う。新しいわたしと出会う。~」が開催される。主催は、NGOシャプラニール=市民による海外協力の会(新宿区)。

写真展「石川直樹が見たバングラデシュ」より

 1972(昭和47)年、特定の宗教、政治、企業、団体には属さず、一般の市民の思いから作られた同団体。2009年には「認定NPO法人」となり、バングラデシュやネパールなどの南アジアを中心に、使用人として働く子どもたちや、災害の多い地域に暮らす若者たち、スラムに住む人々、高齢者や障がい者など、経済発展や開発から「取り残された人々」への支援活動をしている。

[広告]

 同イベントは、設立40周年を記念し、「フェスティバル(祭り)」をコンセプトに開催。アートや旅、エンターテインメント、デザイン、グルメ、ファッション、物作りなど、暮らしの身近なことから国際協力を楽しめる企画を展開する。

 「アート・旅」部門からは、写真家の石川直樹さんがバングラデシュの自然や文化、人々の等身大の生活を伝えるため、同イベントのために撮り下ろした写真の展示、「ファッション」部門からは、南アジアの民族衣装とクラフトリンク(同団体)が扱うアパレルを紹介するファッションショーを開催。モデルとして、タレントの藤岡みなみさん、ヨガインストラクターのIZUMIさん、女優のきむらゆきさん、俳優の平吹正名さん、モデルのミヤモトカオリさんのほか、ミスキャンパスらが出演する。インドを中心とした地域で女性が身に着ける民族衣装の「サリー」を着て東京タワー周辺を散策する企画や、サリーの販売も予定する。

 「グルメ・ショッピング」部門からは、南アジアの料理屋台が出店。スリランカカレーや手作りナン、世界のスナック、ブラウニーなどのスイーツ、豆乳で作るチャイ、アジアのビールなどを販売するほか、環境に配慮した日用雑貨や被災地支援になる福島県いわき市の民芸品、フェアトレード商品などの販売も。

 「ものづくり」部門からは、バングラデシュの伝統的な刺しゅう、石けん、福島の工芸品など、物作りを体験できるワークショップ、「エンターテインメント」部門からは、チケットの売り上げが寄付になり、ホノルル往復航空券やスパ利用券、エスニック料理ディナー券などが当たるチャリティーラッフル(慈善福引)や、バングラディシュ音楽のライブ、劇団公演なども予定する。

 開催時間は、27日=11時~19時、28日=10時~17時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加