見る・遊ぶ

ミッドタウンで「グッドデザインエキシビション」-五輪関連セッションも

「グッドデザイン・ベスト100」の展示風景

「グッドデザイン・ベスト100」の展示風景

  •  

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)で現在、本年度のグッドデザイン賞の受賞作を展示する「グッドデザインエキシビション」が開催されている。10月31日には20人のデザイナーがオリンピック・パラリンピックとデザインについて語る「東京デザイン2020オープンセッション」も開催される。主催は日本デザイン振興会(赤坂9)。

たくさんの受賞作が展示される第2会場

 同賞では年に1度、その年の全受賞作を展示する展示を行っているが、東京ミッドタウンでの開催は今年が初めて。同展では、ミッドタウン内に5会場を設け、第1会場のミッドタウン・ホールには「グッドデザイン・ベスト100」の特別展示やイベントステージ、グッドデザイン大賞投票所を設置、第2会場と第3会場を中心に本年度の受賞作1212点を全点展示する。第4会場と第5会場は「デザインコミュニケーション」として企業や大学の企画展示を紹介する。

[広告]

 イベントステージでは連日デザイン関係者によるトークイベントなどを開催。31日は武蔵野美術大学の齋藤啓子教授と学生、赤城乳業の高堀健太さんによる「産学共同『アイスドリームプロジェクト』」などを開催。19時からは特別企画として「東京デザイン 2020 オープンセッション~20人のデザイナーが2020年の東京を語る」を開催する。このセッションは、永井一史さん、原研哉さん、深澤直人さんら20人のデザイナーが集結し、設置が予定される「東京大会デザイン 2020 フォーラム(仮称)」に向け、オリンピックやパラリンピックにおけるデザインの役割や日本のデザイン力・文化力の発信方法などについて多面的からスピーチを行うほか、シンボルマークを決定する仕組みづくりやデザインマネジメントをするための組織づくりの提言など今後の活動の指針について話し合う。

 11月1日~4日のステージでは「明日を切り開く力を持った」デザイン・未来を示唆するデザインとして特に高く評価され、「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれたデザイナー自身によるプレゼンテーション「GOOD DESIGN Best100 Designer's presentation」を開催。企業に所属するデザイナーやフリーランスのデザイナーから建築家、研究者、NPOまでさまざまなデザイナーが登場。2日14時30分からは「グッドデザイン大賞」の候補に選ばれている10組のデザイナーも登場する。

 ステージイベントはほかに、東芝デザインセンターによる「人を想うカタチへ。人に愛されるカタチへ。」(1日13時35分~)、建築家の隈研吾さんらによる「シンポジウム『犬のための建築』をめぐって」(2日12時~)、建築家の谷尻誠さんによる「AQUA×谷尻誠トークショウ」(3日12時~)、グッドデザイン賞海外審査委員らによる「アジアのデザイン:

各国デザインのプラットフォームを考える」(4日12時~)など。

 開催時間は11時~20時(4日は17時まで)。入場料=1,000円(中学生以下無料、6日間有効)。11月4日まで。