見る・遊ぶ

東京タワーに7大学のゆるキャラ集合-受験生を応援

受験生にエールを送る大学のキャラクターと担当者

受験生にエールを送る大学のキャラクターと担当者

  •  
  •  

 東京タワー(港区芝公園4)で1月17日、東日本の7つの大学のキャラクターが集まり、受験生を応援するサクラ色にタワーをライトアップする点灯イベントが行われた。主催はネスレ日本(兵庫県)と全国15大学。

サクラ色にライトアップされた東京タワー

 ネスレ日本は同社が販売する菓子「キットカット」が受験生の間で「受験のお守り」と言われるようになったことを受け、2003年から受験生を応援するキャンペーンを展開。受験生の3人に1人が受験前に購入、5人に1人が試験会場に持参するなど、受験生の定番アイテムとなっているという(以上、同社調べ)。さらに今年度は全国15の大学と連携、受験応援製品「キットカット ミニ 紅白パック」の販売、同商品のホームページへの「応援ムービー」の掲載などを行っている。

[広告]

 17日はセンター試験の前日に当たることから、受験本番を迎える受験生応援のため、東京タワーと京都タワーを、合格を意味する「サクラサク」の思いを込めサクラ色にライトアップすることにした。

 東京タワーには青山学院大学の「イーゴ」、静岡大学の「しずっぴー」、上智大学の「ソフィアンくん」、千葉工業大学の「チバニー」、東京理科大学の「坊ちゃん」、福島大学の「めばえちゃん」、法政大学の「えこぴょん」の各キャラクターと大学の広報担当者が集合(成蹊大学は担当者と「ピーチくん」のパネルが参加)、東京タワーのキャラクター「ノッポン」も加え、「ごうかく」の願いを込めて午後5時9分に点灯式を行った。

 福島大学の担当者は「受験生と直接接することで逆に刺激をもらった。キャンペーンに参加できてよかった」と話し、キャラクターとともに受験生にエールを送った。

 点灯時間は22時まで。

  • はてなブックマークに追加