見る・遊ぶ 買う

六本木ヒルズで「ガウディ×井上雄彦」展-今夏開催へ

バルセロナから中継でコメントする井上雄彦さん

バルセロナから中継でコメントする井上雄彦さん

  • 0

  •  

 六本木ヒルズの森アーツセンター(港区六本木6)で7月12日から、「特別展 ガウディ×井上雄彦 ~シンクロする創造の源泉~」が開催される。スペイン大使館(六本木1)で4月9日、発表された。主催は東映など。

グエル公園でスケッチする井上さん

 日本スペイン交流400年記念事業の一つとして行われ、スペインで建築家などとして活躍したアントニ・ガウディの功績を約100点の素描、設計図、模型などで紹介するとともに、井上さんが独自の「ガウディ像」を表現する同展。井上さんは現在、スペインのバルセロナに滞在し作品を制作中で、ガウディの人間像を表現する描き下ろし作品約40点を発表する予定。

[広告]

 記者会見では、東映の堀田耕二取締役が「日本スペイン交流年を記念する展覧会を思案する中で、建築家と漫画家という異色の組み合わせがどのような化学変化を起こすかという視点でプロジェクトをスタートさせることになった」と開催の経緯を説明。さらに「漫画がコミックという枠を飛び出して、インターナショナルな言語として世界をつなげていくことを期待している」と話した。

当日は井上さんも、窓いっぱいにサグラダファミリアが見えるアパートメントから中継で登場し、「毎日この風景を見ている。今朝は朝焼けで赤く染まったサグラダファミリアがきれいだった」とコメント。ガウディ作品で世界遺産でもある「カサ・ミラ」にアトリエを構えていることも明かし、「スペインの文化や生活スタイルに身を委ねながらやっていきたい」と話した。ガウディとの共通点については、「恐れ多いが、完成を急がないところかも」と答え会場の笑いを誘った。

 開催期間は7月12日~9月7日。開館時間は10時~20時。前売り券は一般1,600円ほか。5月17日発売。