食べる 見る・遊ぶ 学ぶ・知る

増上寺で世界最大級の「仏教フェス」-50以上のワークショップで仏教体験

「向源」去年の様子

「向源」去年の様子

  •  
  •  

 増上寺で4月29日、仏教を体験するフェスティバル「向源(こうげん)~過去に学び、未来を信じ、今を生きる。~」が開催される。

ウルトラ木魚 協力:円谷プロダクション(TSUBURAYA PRODUCTION CREATIVE JAM 50)

 東日本大震災をきっかけに2011年9月、仏教と音楽を軸としたイベントとしてスタート。「仏教や伝統文化には、日々をより良く生きるための知恵が蓄積されている。偉大な先人たちの知恵や技術を心と体を総動員して感じて、気付いて、今を生きる一人一人に力強く日々を生きてもらいたい」という思いから企画された。今年で4回目となり、増上寺での開催は初めて。

[広告]

 死について深く考え、自分にとって本当に大切なものに気付く「死の体験旅行」、洗練された舞と動きの体験ができる「能楽体験」、ウルトラ木魚による「人形供養」、世界に一つだけのお守りを作る「自分で彫る・お守りづくり」をはじめ、普段非公開の場所にも入ることのできる増上寺特別拝観プログラム「Deep増上寺」や、「5月病対策!?戦国武将マルチタスク茶会」「和とじ製本ワークショップ」など「日本の体験」と称した文化体験など、50を超えるワークショップ(1コマ1,500円~)を用意する。

 予約なし、無料で楽しめる企画は、京都から参加のフードフェス「京都まるごとマルシェ」(飲食代は別途必要)、囲碁を気軽に体験できる「IGOAMIGO」、haruka nakamuraやテニスコーツなどによる音楽ライブ、禅僧と脳科学者による対談、お坊さんに対する何でも相談所「お坊さんと話そう」など。夜は増上寺光摂殿を舞台に、証明×音響×プロジェクションマッピングを融合させた一夜限りの特別ライトアップも予定する。

 現在、同イベントのボランティアスタッフを募集している(4月10日まで)ほか、同イベントを育て、海外を含めた多くの人に広める試みに対するクラウドファンディングも実施している(5月16日まで)。

 開催時間は11時~21時。ワークショップは公式ホームページから申し込みできる(先着順)。

  • はてなブックマークに追加