食べる

西麻布・妙善寺でヨガ×餅つき×説法 「元旦フェス」から「チーム餅」独立

「元旦フェス」での餅つきの様子

「元旦フェス」での餅つきの様子

  •  
  •  

 西麻布の妙善寺(港区西麻布3)で7月16日、イベント「寺ヨガ×餅つき×住職の説法」が開かれる。主催は「チーム餅」。

「チーム餅」のメンバー

 2015年元日、豊洲のマジックビーチで500~600人を集客したイベント「元旦フェス」で餅つきを担当した椎名隆行さんら4人が意気投合し「チーム餅」として単独企画。「4人それぞれの得意分野を生かしたら面白いことができる」と、「皆に餅つきの楽しさを伝えたい!おいしい餅を食べさせたい!ただ単に騒ぎたい!」というスローガンを掲げ、「ヨガ」「説法」「餅つき」という異色の掛け算のイベントが立ち上がった。

[広告]

 「たまたまメンバーの知り合いだった」という元お笑い芸人の住職・的場さんに協力を仰ぎ、本堂を利用したヨガ講師・菊田敬祐さんによる寺ヨガ、体を浄化した後頭をスッキリさせるための住職による「説法」、そして着替えた後には餅つきで「縁起を担ぐ」という内容で楽しませる。

 清澄白河でガラス加工業を営む「GLASS-LAB」の椎名さんの実家では毎年餅をついているといい、当日は私物の臼を持参し、ついた餅は、食べるラー油、餡(あん)、きな粉、大根おろしなどで提供する。

 開催時間は15時~。参加料は3,000円。定員20人。フェイスブックページで申し込みを受け付けている。

  • はてなブックマークに追加