アークヒルズで「港区100人カイギ」 港区で働く人ゲストに交流図る

前回の様子

前回の様子

  • 0

  •  

 アークヒルズサウスタワー(港区六本木1)のイベントスペース「HAB-YU platform」で10月18日、交流イベント「港区100人カイギ」が行われる。

主催者の一人である高嶋大介さん

 今年1月に初開催され、毎月行われている同イベント。港区で働いている人をゲストに招いて普段の仕事や活動内容などを共有し、参加者同士の交流を深めることを目的とする。ゲストが100人に達するまで会が開かれる。

[広告]

 主催者の一人である高嶋大介さんは「同じビルに入っている企業同士でも、顔を合わすことはあまりないと思う。そういう人たちがつながって、何か将来一緒にできるきっかけの場をつくりたいと思い、このイベントを始めた」と話す。

 10回目となる今回は、主に人材育成を行う「エモーションソリューションズ」社長の飯塚和秀さん、「フジテレビジョン」の寺記夫さん、主に経営コンサルティングを行う「にゅうぷらん社」社長の三角太郎さん、港区議会議員の山野井つよしさん、薬剤師・国際中医薬膳管理師の山口りりこさんの5人をゲストに迎える。

 「登壇者は港区で働く人に絞っているが、参加者に縛りは特に設けていない。そういった方がこのイベントに足を運んで港区に興味を持っていただいて、そこで働いている方と『何か一緒にしたい』と思ってくれたらうれしい」と高嶋さん。「強制的な会にするつもりはなく、緩く人とつながりたいと考えている人はぜひ一度足を運んでほしい」とも。

 19時開始。参加料は500円。