天気予報

20

15

みん経トピックス

六本木ヒルズで餅つき「スペースインベーダー展」

東京タワーの展望台が刷新 「トップデッキツアー」として3月3日にオープン

東京タワーの展望台が刷新 「トップデッキツアー」として3月3日にオープン

記者発表会で登壇した代表取締役の前田伸さん

写真を拡大 地図を拡大

 東京タワー(港区芝公園4)で1月11日、記者向け発表会が行われ、現在工事中の「特別展望台」が、3月3日に「トップデッキツアー」としてオープンすることが分かった。

「トップデッキツアー」の外観イメージ

 今年12月に開業60周年を迎える同所。高さ250メートルの「特別展望台」と、高さ150メートルの「大展望台」の2つの展望台があり、特別展望台はリニューアル工事を2016年10月から、大展望台(一部)は2017年9月から行っていた。特別展望台の大型リニューアルは今回で2回目となる(前回は2002年)。

 今回のリニューアルでは名称変更も行い、特別展望台を「トップデッキ」、大展望台を「メインデッキ」とする。内装やエレベーターのほか、オペレーション面でも案内機器などを刷新。待ち時間をなくすことを目的に1階に「トップデッキレーン」を設け、メインデッキに東京の歴史が見て楽しめる「タワーギャラリー」などを新たに設置。トップデッキには「東京の未来を映し出す鏡」をイメージしたという「ジオメトリックミラー」と「LED証明」を設置したデザインを採用した。

 同日行われた記者向け発表会では、同所代表取締役の前田伸さんが登壇し「新アトラクションとしてスタートさせる。『体験型展望ツアー』では国内外からお越しいただくゲストの方に最高のおもてなしと上質な空間を提供する」と話した。「東京の過去、現在、未来を感じていただきながらトップデッキでは『感動空間』をぜひ体験してほしい」とも。

 オープン日は3月3日。予約はWEBで受け付ける。予約開始日時は1月23日12時。料金は2,800円、子供1,800円、幼児1,200円。

グローバルフォトニュース