見る・遊ぶ

東京タワーが期間限定のライトダウン 品川方面にピンクのハート出現も

イベント「“夜の七時”のライトダウン伝説」開催時のイメージ

イベント「“夜の七時”のライトダウン伝説」開催時のイメージ

  •  

 東京タワー(港区芝公園4)で現在、クリスマスシーズン限定イベント「“夜の七時”のライトダウン伝説」が開催されている。

ハートマークはメインデッキ南面(品川方面)で24時まで点灯

 期間中、19時になるとオレンジ色に輝く東京タワーのライトアップが消灯(ライトダウン)。塔体の足元に東京タワー開業60周年記念ソング「東京は夜の七時」が流れ、高さ150のメインデッキ(旧展望台)の南面(品川方面)に「ピンク色のハートマーク」が輝く。流れる曲はピチカート・ファイヴのオリジナル曲を野宮真貴さんが新たに録音したもの。

[広告]

 オレンジ色のライトアップは、19時15分ごろに再点灯し、翌明け方まで点灯する。現在、東京タワーはリニューアル工事中で、24時にライトアップを消灯していない。 東京タワーが消灯する瞬間を見ることができるのは、同イベント期間中の1日1回だけとなる。

 東京タワーマーケティング課の小椋信也さんは「東京タワーの間近で眺めるライトダウンの瞬間は想像以上にインパクトがあって、きっと皆さん驚かれるはず」と話す。「そのあとに浮かび上がるピンクのハートマークにはときめきを感じずにはいられないと思う。東京タワーからの心ばかりのクリスマスプレゼントを楽しんでもらいたい」とも。

 12月20日まで(24日と25日も行う)。雨天決行。