学ぶ・知る

六本木の書店「文喫」にポップアップストア 選書でデザインプロセスを展示

「文喫」のキービジュアル

「文喫」のキービジュアル

  •  
  •  

 六本木の書店「文喫」(港区六本木6)内の研究室スペースに、ポップアップストア「ÉKRITS ROPPONGI(エクリ ロッポンギ)」がオープンしている。運営はOVERKAST(渋谷区)。

 「本との新たな出会い」をテーマに、人文科学や自然科学、デザイン、アート本など約3万冊の書籍を並べる「文喫」。施設内には、本と向き合うための1人用の閲覧室や、複数人で利用できる研究室、食事や打ち合わせなどができる小喫茶室を用意している。

[広告]

 今回、研究室スペースでポップアップストアをオープンするのは、ウェブメディア運営や書籍出版を手掛けるメディアプロジェクト「ÉKRITS(エクリ)」。同プロジェクトは「デザイン思想のテキストをデザインするメディア」をテーマに、ウェブサイトで記事をアーカイブ。これまで書籍として、上妻世海さんの「制作へ」、「エクリ叢書(そうしょ) I」「学習まんが アフォーダンス」「学習まんが 記号とアブダクション」を出版してきた。

 室内の書棚では、エクリの執筆者が「わたしをデザインした書物」をピックアップした選書フェア「エクリをデザインした書物たち」を開催。展示や販売やイベントを実施しながら、デザインプロセスを公開していく。

 営業時間は9時~23時。「文喫」入場料は1,620円。3月31日まで。

  • はてなブックマークに追加