食べる

東京タワーで期間限定の桜スイーツ 名物33.3センチパフェが春バージョンに

「さくらタワーパフェ」(850円)のイメージ

「さくらタワーパフェ」(850円)のイメージ

  •  
  •  

 東京タワー(港区芝公園4)が現在、桜をテーマにしたスイーツを期間限定で販売している。

「和桜パンナコッタ・ア・ラ・モード」(780円)のイメージ

 東京タワーフットタウン3階のマザー牧場カフェは、桜の季節限定の「さくらタワーパフェ」(850円)を販売する。東京タワー(高さ333メートル)の1000分の1に当たる高さ33.3センチ。イチゴゼリーの上に、生クリーム、イチゴババロア、コーン フレーク、マザー牧場の新鮮な牛乳で作った濃厚なバニラソフトをのせた、マザー牧場カフェ東京タワー店限定の「東京タワーパフェ」をアレンジする。トッピングの色鮮やかなイチゴとハートチョコに桜ソースをかけ、アクセントに桜の塩漬けを添え、和風の春のデザートに仕上げた。

[広告]

 東京タワーフットタウン2階のカフェレストラン&バーの「TOWER'S DINER(タワーズダイナー)」は、桜の季節限定のメニューとして、「桜苺(さくらいちご)シェイク」(600円)と「和桜パンナコッタ・ア・ラ・モード」(780円)を販売する。 「桜苺シェイク」は、イチゴと桜をテーマに季節感を演出したボリューム感のあるミルクシェーク。イチゴの甘酸っぱさと桜シロップの甘さのコンビネーションと、春らしい色合いにこだわった。「和桜パンナコッタ・ア・ラ・モード」は、濃厚な自家製パンナコッタに、まろやかな桜ホイップクリームと桜アイスを添えた一品。桜の塩漬けも入り、ほのかな桜の香りも楽しめる。

 東京タワーマーケテイング課の澤田健さんは「芝公園に咲き誇る桜、メインデッキに飾られている生桜、プロジェクションマッピングの桜吹雪と共に、『さくらスイーツ』も楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 4月30日まで。

  • はてなブックマークに追加