食べる

ミッドタウンで夏グルメ企画 「元気が出る夏丼」やひんやりスイーツ登場

豊富な丼メニューを取りそろえる「よくばり夏グルメ」

豊富な丼メニューを取りそろえる「よくばり夏グルメ」

  •  
  •  

 東京ミッドタウン(港区赤坂9)が現在、「暑い夏をおいしく乗り切るメニュー」を提供する「よくばり夏グルメ」を開催している。

かき氷など「ひんやりスイーツ」も提供する

 「MIDTOWN LOVES SUMMER 2019」の一環となる企画。施設の飲食店がバラエティー豊かな「元気が出る夏丼」と、見た目にも涼しい「ひんやりスイーツ」を提供する。

[広告]

 「元気が出る夏丼」として、「Artisan de la Truffe Paris」のしっとりやわらかな鴨(かも)ロースに半熟卵とも相性のよいチーズソースを絡め、香り高いサマートリュフを添えた「鴨ローストのカルパッチョ丼~半熟卵とフレッシュトリュフ~」(テークアウトは1,296円、イートインは本日のポタージュ・食後のドリンク付きで1,728円、平日限定)など、「一杯で満たされる丼」をテーマにさまざまな丼メニューを展開する。

 「ひんやりスイーツ」は、「Toshi Yoroizuka」の自社農園で採れたカカオ豆を使ったショコラアイスとトンカ豆のアイスにアンズとフランボワーズが層になった、鎧塚俊彦シェフによるチョコレートパフェ「Parfait au chocolate "Ecuador"」(1,350円)をはじめ、かき氷やアイスなどを用意する。

 東京ミッドタウンマネジメントの広報担当者は「さまざまな丼メニューの中から、『どれが食べたい?』とみんなでワイワイしながら、お気に入りの丼を見つけてほしい」と話す。「丼を味わった後は、さっぱりとしたスイーツで締めるのがお勧め」とも。

 8月25日まで。

  • はてなブックマークに追加