学ぶ・知る

中央図書館で東京2020に向けた展示会 約200の国と地域を紹介

これまでの夏季オリンピック・パラリンピックを紹介する同企画

これまでの夏季オリンピック・パラリンピックを紹介する同企画

  •  
  •  

 企画展示「世界中の国のこと、もっと知ろう!~東京2020大会まであと1年~」が現在、「都立中央図書館」4階企画展示室(港区南麻布5、TEL 03-3442-8451)で開催されている。

それぞれの国に関する資料を展示する

 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた展示を行う同企画。これまでに選手団を派遣してきた約200の国と地域に関する本や情報を、写真などを通じて紹介する。

[広告]

 会場では、それぞれの国や地域別の資料リストを展示する。国旗の由来やその国について学べるほか、過去に開催された夏季オリンピック・パラリンピックについても深く知ることができるという。

 担当の西口真梨奈さんは「世界各国のあらゆる国の文化に関する本が1カ所に集まっている。夏休み期間は混んでいるときもあったが、今はゆっくりご覧いただける。国について調べている学生だけでなく、外国に関心がある方々にもぜひ見ていただきたい」と話す。

 開催時間は10時~20時45分(土曜・日曜・祝日は17時30分まで)。10月2日まで。

  • はてなブックマークに追加