am/pmで「パスモ」導入へ、2008年1月以降本格化

  •  
  •  

 エーエム・ピーエム・ジャパン(本社=港区六本木1)と東京急行電鉄(東急、渋谷区)は7月4日、「am/pm」店舗で「PASMO(パスモ)」による電子マネー決済の導入を骨子とした業務提携に基本合意したと発表した。

 今年夏以降に東急バス(目黒区)がオーナーのam/pm(10店舗)で先行導入し、2008年1月以降に首都圏の約1,000店舗に順次導入する。現在パスモへのチャージ(入金)は、駅の券売機や一部のバス車内のみで可能だが、今後店舗での入金にも対応する予定。

[広告]

 エーエム・ピーエム・ジャパンは現在、展開する全店で「Edy」と「iD」による電子マネー決済を導入しているが、パスモ導入はコンビニエンスストアで初という。パスモ導入の理由についてエーエム・ピーエム・ジャパンの広報担当者は「創業当時より都心を中心に出店しており、全1,250店舗のうち約1,000店舗が首都圏にある。パスモ導入でビジネスユーザーによる利用を見込む」と話しており、電子マネー決済の利用者増を目指す。

 東急は駅構内の売店や飲料自販機、東急ストアなどでパスモ加盟店開発を進めており、エーエム・ピーエム・ジャパンはパスモ導入にあたり、私鉄各社の中でも加盟店開発が進んでいる東急と提携した。将来的にはam/pm店舗を東急グループのクレジットカード加盟店にすることや、クレジット決済額に応じたポイント付与のサービスも検討するという。

 パスモ導入による効果については未定だが「現在、客数ベースでの電子マネー決済利用率は5%。これを将来的に30%に引き上げたい」(同)と話しており、パスモ導入に期待を寄せている。

am/pm ジャパン

  • はてなブックマークに追加