夏休みに狂言・落語・1人芝居-ミッドタウンのデザイン施設で

東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」で8月10日~24日の期間、夏休みシーズンのプログラムとして「落狂楽笑(らっきーらっくしょう)LUCKY LUCK SHOW」が開催される。写真は美術家の横尾忠則さんによるポスター。

東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」で8月10日~24日の期間、夏休みシーズンのプログラムとして「落狂楽笑(らっきーらっくしょう)LUCKY LUCK SHOW」が開催される。写真は美術家の横尾忠則さんによるポスター。

  •  
  •  

 東京ミッドタウン内のデザイン施設「21_21 DESIGN SIGHT」(港区赤坂9、TEL 03-3475-2121)で8月10日~24日の期間、夏休みシーズンのプログラムとして「落狂楽笑(らっきーらっくしょう)LUCKY LUCK SHOW」が開催される。

 同プログラムは、落語や狂言など日本の芸能の演者を招き、期間中に様々な公演を行うもの。茂山狂言会による狂言「京の今日の狂言です」、柳家花緑さんによる落語「きまぐれ花緑シェフの落語レストラン」、イッセー尾形さんによる1人芝居「都市生活カタログ in 21_21 DESIGN SIGHT」、桂 小米朝さんによる落語「小米朝落語の世界~上方寄席囃子ってなに?~」、「小米朝落語の世界~らくごぺらモーツァルトin六本木~」をそれぞれ子ども向け、大人向けのアレンジで行う(一部除く)。プログラムは予約制で、料金は一般前売=5,000円、当日=5,500円ほか。各プログラムの日時はウェブサイトを参照。

[広告]

 舞台美術を始めとするアートディレクションは、グラフィックデザイナーの北川一成さん、衣装はファッションブランド「Né-net(ネ・ネット)」の高島一精さん、「HIROCOLEDGE(ヒロコレッジ)」の高橋理子さん、「メルシーボークー、」の宇津木えりさん、アパレルブランド「ZUCCa(ズッカ)」が担当する。ポスターのデザインは美術家の横尾忠則さんが手がける。

 会場では北川さんの作品展示「落狂楽笑 by 北川一成」も開催。展示時間は11時~20時(最終入場19時30分)。入場無料。8月13日・17日・21日休館。

21_21 DESIGN SIGHT

  • はてなブックマークに追加