六本木に映画「トランスフォーマー」とタイアップのカフェ

映画「トランスフォーマー」とのタイアップカフェ。劇中に登場する「1974年型カマロ」(左)などが展示される。

映画「トランスフォーマー」とのタイアップカフェ。劇中に登場する「1974年型カマロ」(左)などが展示される。

  •  
  •  

 六本木のレストランバー「BACS cafe(バックスカフェ)」(港区六本木5、TEL 03-5770-5335)で7月25日より、映画「トランスフォーマー」(8月4日公開)とのタイアップ企画「TRANSFORMERS cafe(トランスフォーマーカフェ)」が実施されている。

 店内では劇中で主人公が運転する「1974年型カマロ」のレプリカや、映画に登場する車両の玩具を展示するほか、映画の大型ポスターの掲示、プロモーションビデオ上映などを行う。また、スタッフが映画のTシャツを着用し、店内BGMも映画のイメージソングを流すなど、映画の雰囲気を演出する。また、抽選で映画のオリジナルグッズをプレゼントする。

[広告]

 提供メニューは通常営業時と同じで「生ハム サラミの盛り合わせ」(1,200円)や「オリジナル スティックシーザーサラダ」(950円)、「ウニのクリームスパゲッティー」(1,380円)などを提供。ドリンクはワインを豊富に揃え、現在「コールド1987」(70,000円)や「ネーグル デ プルカリ1986」(120,000円)などのモルドバワインを限定で提供している。

 営業時間は18時~翌2時、木曜・金曜は翌5時まで。日曜・祝日定休。タイアップ期間は9月8日まで。バックスカフェは1999年に開店、カー用品店を展開するオートバックスセブン(江東区)が運営する。同店ではこれまでにも映画やキャラクターグッズなどとのタイアップ事例がある。

BACS cafe

  • はてなブックマークに追加