天気予報

11

-1

みん経トピックス

海抜270mのクリスマスインド現代アートが六本木に

慶応義塾大学SFC、研究活動成果を一般公開ー今年で13回目

  • 0
慶応義塾大学SFC、研究活動成果を一般公開ー今年で13回目

写真=「SFC Open Research Forum 2008」エントランス

写真を拡大 地図を拡大

 慶応義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)研究所は11月21日・22日の2日間、六本木アカデミーヒルズ(港区六本木6)で「SFC Open Research Forum 2008(以下ORF)」を開催する。

 ORFは、SFCが研究活動成果を一般に向けて公開する毎年恒例のイベント。13回目となる今年は、「clash of eXtremes」をテーマに、トークセッションや学生による研究発表を行う。

 産業界、官公庁、自治体、大学などで活動する諸分野の第一人者によるトークセッション「メーンセッション」では、楽天(品川区)の三木谷浩史社長と同大学院政策・メディア研究科の夏野剛特別招聘(しょうへい)教授による「イノベーションは止められない」など5つを開催する。

 研究発表では、大学の研究室と企業との共同研究による成果や、学生個人の研究成果を披露する。

 小川克彦研究室とNTTサイバーソリューション研究所は共同で、「状況即応型デジタルサイネージインタフェース」を発表。スーパーマーケットなどの店内で、来店客と商品との距離や店内の混雑状況、時間など、「状況」に応じて店内に設置した映像ディスプレーの再生映像を変化させることが出来る仕組み。

 政策・メディア研究科の岩田崇さんは、政治に対する能動的なコミュニケーションを生み出す仕組みを考え、「議員と一緒に考えるための新しいメディア」(岩田さん)としてインターネットサービス「Polineco(ポリネコ)」を発表する。同サービスでは、いくつかの設問に応えることで、自分の考えと近い政策を掲げる議員を調べることができ、選挙時や選挙時以外でも、政治に対して関心を高める環境をつくることを目指す。

 開催時間は10時~19時。入場無料。

グローバルフォトニュース