海抜270メートルのクリスマス-六本木ヒルズ屋上がライトアップ

写真=スカイデッキ・イルミネーションのイメージ

写真=スカイデッキ・イルミネーションのイメージ

  •  
  •  

 六本木ヒルズ(港区六本木6)内「森タワー」の屋上展望施設「スカイデッキ」で11月22日より、初のクリスマスイルミネーションが始まる。

時価1億円のクリスマスツリーイメージ

 六本木ヒルズの開業5周年を機に、4月から一般公開を開始したスカイデッキ。海抜270メートルに位置し、都内を一望することができる。イルミネーションでは、シャンパンゴールドを基調にした「光の花束」をイメージした演出を行う。カップルでの来場者にはオリジナルの「ラブブランケット」(数量限定)を貸し出すサービスも用意する。点灯時間は17時~22時。荒天時は中止。12月25日まで。

[広告]

 森タワー52階の展望台「東京シティビュー」では同日より、2つのクリスマスツリーを展示する。開催中の展覧会「ゴールド展」(2009年1月25日まで)に合わせた時価1億円相当のクリスマスツリーは、純金の糸で織った布や宝石を使用した豪華なツリーとなる。また、華道家元の「池坊(いけのぼう)」がプロデュースに参加し、カサブランカ3,000本(期間中に使用する総数)を使った高さ5メートルの「カサブランカツリー」を展示する。12月25日まで。

 12月24日・25日の2日間には、展望台のカフェ「マドラウンジ」にアメリカの著名な女性ボーカルグループ「The Supremes」のメンバーが登場。クリスマス気分を盛り上げる。

 六本木ヒルズでは11月5日より、六本木けやき坂のクリスマスイルミネーションを開始している。

  • はてなブックマークに追加