食べる 学ぶ・知る

六本木の「the 3rd Burger」で未来型飲食システム導入-レジなし、行列なし、財布不要

スマートオーダーを使って、待ち時間ゼロで商品を受け取る

スマートオーダーを使って、待ち時間ゼロで商品を受け取る

  •  

 六本木のアークヒルズサウスタワー地下1階にある「the 3rd Burger」(港区六本木1)に6月26日、混雑時にも行列に並ぶことなく料理を受け取ることができる新システム「スマートオーダー」が導入された。

ユナイテッド&コレクティブの坂井英也社長(左)と、Showcase Gigの新田剛史社長(右)

 スマートフォンでスピーディーに注文・決済を完結させる同システムは、経営元のユナイテッド&コレクティブ(港区)と、Showcase Gig(同)が共同で開発。顧客は、同システムを使って事前に注文することで、「列に並ばずに」スムーズな受け取りができる。店舗ではメニュー提示・注文・キッチン指示・レジ会計など全工程で業務プロセスを短縮することができる。

[広告]

 「ディズニーランドのファストパスのような感じ」と同システムを例える同社の坂井英也社長は「今までは注文するための行列が発生し、10分程度待たせる状況だったため、長年改善したいと考えていた」と話す。トライアル運用では、昼のピークタイム時1件あたりのオーダー処理スピードが、従来の2倍以上に向上したという。

 同システムを利用するためには、Showcase Gigが開発したモバイルウォレットサービス「O:der(オーダー)」をダウンロードし、クレジットカード情報の事前登録をする必要がある。同アプリに搭載された「ビーコン」(アプリックスの「My Beacon(TM)touch」を採用)による顧客の来店検知や、7月からは、iOS対応では世界初となるビーコンを活用したタッチ式非接触認証によるスタンプ付与、クーポン配信などもできる。

 「六本木周辺は、IT企業が集中しており、IT感度の高い人たちが多いため(青山骨董通り店ではなく)同店に導入を決めた」と坂井社長。今後は時間指定での商品受け渡しができる新機能も予定し、「ランチタイムのピーク時に1.5倍の売り上げを目指す」という。

 営業時間は、8時~22時30分(土曜・日曜・祝日は22時まで)。