天気予報

20

14

みん経トピックス

六本木にbox disco東京ミッドタウンで東北展

東京タワーで「夜桜」の3Dマッピング 東京の夜景を背景に舞い散る桜

東京タワーで「夜桜」の3Dマッピング 東京の夜景を背景に舞い散る桜

東京の夜景をバックに桜が舞い散る様子を楽しめる

写真を拡大 地図を拡大

 東京タワー(港区芝公園4)で3月1日、3Dマッピング映像の「夜桜バージョン」の投影が始まる。

昨年の様子

 現在、3Dマッピングイベント「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA ~FUTURE TOKYO TOWER~」を開催している同所。「未来都市・東京」の風景や未来の展望台をイメージさせる映像を、窓ガラスとフロア床面に投影している。今回は、これらの映像が全て「夜桜バージョン」に切り替わる。

 「夜桜バージョン」は昨年も行われ、特に外国人観光客から人気だったという。全部で6つのコンテンツを用意するほか、東京タワー外観のマッピング映像と一緒に写真撮影ができる「マッピングフォトスポット」も設置している。

 東京タワー総合メディア課の澤田健さんは「夜景の中に舞い散る桜のマッピングが見どころ。東京で一番早い夜桜をお楽しみいただければ」と来場を呼び掛ける。

 投影時間は、3月1日~12日=18時30分~22時50分、13日以降=19時~22時50分。4月23日まで。

グローバルフォトニュース