六本木にもなかジェラート専門店 もち米粉100%の皮でグルテンフリーを意識

六本木にオープンしたもなかジェラート専門店「モナジェラ庵」

六本木にオープンしたもなかジェラート専門店「モナジェラ庵」

  • 146

  •  

 六本木に5月29日、もなかジェラート専門店「モナジェラ庵」(港区六本木7、TEL 03-3401-0735)がオープンした。

ジェラート1種を選ぶ「ピッコロ」(290円)は、もなかの皮がカラフル。「抹茶」にはピンク色、「生チョコレート」には黄色と、色が映えるよう組み合わせが決まっている。

[広告]

 同店は、ジェラートをその場でもなかに包み提供する「モナジェラ庵(あん)」の1号店としてオープン。グルテンフリーなど昨今の健康志向に合わせ、もなかの皮には国産のもち米粉100%を使用する。同店広報担当の松永理子さんは「六本木はビジネスマンをはじめ老若男女が集う街。デザートというと若者や女性といったイメージもあるが、『もなか』という世代を問わず親しまれている食材ではさんだジェラートを、幅広い層に楽しんでもらいたい」と話す。

 店舗面積は10坪。店舗正面と店内にベンチのイートインスペースを設ける。

 ジェラートのメニューは、「バニラ」「生チョコレート」「抹茶」「ほうじ茶」「アールグレイ」「沖縄のしお」「バナナミルク」「キウイ」「ラズベリー」「マンゴー」の10種類。トッピングは、「こしあん」「甘納豆」「くるみ」「ローストアーモンド」「キャラメル」「チョコソース」の6種類。ジェラート1種を選ぶ「ピッコロ」(290円)、ジェラート2種とトッピング1種を選ぶ「メディオ」(550円)、ジェラート3種とトッピング2種を選ぶ「グランデ」(750円)から選択する。

 5種類のジェラートがそれぞれ小さな鈴の形状のもなかに入った「小鈴セット」(690円)も販売。フルーツ系メニューが中心の「彩(マンゴー、ラズベリー、沖縄の塩、キウイ、バナナミルク)」、ミルク系メニューが中心の「舞(生チョコレート、抹茶、ほうじ茶、バニラ、アールグレイ)」の2種類を用意する。

 「もち米粉を使用したもなかならではのパリパリとして軽い食感の皮と、滑らかなジェラートとの組み合わせを体験してもらいたい」と松永さん。「今後は、旬の素材を使った期間限定メニューやヨーグルトなどさっぱりとした味のジェラートも開発していきたい」とも。

 営業時間は11時~19時(金曜・土曜は12時~20時)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース