見る・遊ぶ

麻布十番「コロッケ ミミック トーキョー」が2周年 今年は「笑いの介護」テーマに

新しいものまねを披露する同店プロデューサーのコロッケさん

新しいものまねを披露する同店プロデューサーのコロッケさん

  •  

 麻布十番の「コロッケ ミミック トーキョー」(港区麻布十番1、TEL 03-6435-5220)が、オープンから2年を迎えた。

三浦大知さんの「無音ダンス」のものまねをするコロッケさん

 「ものまねエンターテイメントライブレストラン」として2016年1月にオープンした同店。ものまねタレントのコロッケさんが選出したパフォーマーたちが毎日2回、ダンスやイリュージョンを含む、ものまねを中心としたパフォーマンスを披露する。これまで、災害支援や福祉などのチャリティー活動も行ってきた。「オーストラリア産 牛のマウンテンステーキ300グラム」(3,000円)や、「Chefお任せパスタ クリームベース」(1,400円)などのフードメニューのほか、ビールやワインなど各種アルコールも用意する。

[広告]

 オープンのきっかけは、「ものまね業界を盛り上げたい」「後輩の育成の場がほしい」という思いからだったという。コロッケさんはプロデューサーとしての立場から、これまでショーには出演してこなかったが、2周年を祝し今月初めて出演を果たす。

 2周年を迎え、コロッケさんは「後輩たちがパフォーマンスを披露できる場を持ったことで、次の新しい世代が出てくる一つの方向性が見えたので、今はとてもうれしく感じている。しかしものまねだけではエンターテインメントとしてはまだまだなので、ダンスやトーク、落語など、ものまねに加えてできるさまざまなことを身に付けなければならない」と話す。

 今後については「今年は『笑いの介護』をテーマに、介護に携わっている方や施設にいる方に喜んでもらえるような取り組みをしていきたい。そのために自分自身も新しいことにどんどん挑戦したい」とコロッケさん。「年々利用客として増えてきている外国人向けに、外国語を交えたパフォーマンスを披露していきたい」とも。

 ショーの開演時間は17時30分~、21時~(日曜・祝日は16時~、19時~)。コロッケさん出演日は3月30日・31日。入場料は8,424円(ショー、ブッフェ、フリードリンク付き)~。