天気予報

27

18

みん経トピックス

六本木ヒルズの彫刻に編み物東京タワーが7色に

東京タワーに「ハイボールガーデン」 シェアして楽しめるセットメニューも

東京タワーに「ハイボールガーデン」 シェアして楽しめるセットメニューも

東京タワーを頭上に眺めながらハイボールを楽しめる人気企画

写真を拡大 地図を拡大

 東京タワー(港区芝公園4)1階正面玄関前広場で現在、屋外でハイボールを楽しめる「TOKYO TOWER HIGHBALL GARDEN」が開催されている。

今年初登場の「2種のハイ&カラセット」(1,100円)。単品で注文する場合のほぼ半額になる

 今年で7回目となる同企画は、春から秋にかけて約5カ月間開かれる。席数は約140席。

 ドリンクメニューは「角ハイボール」(500円)、オレンジ色の東京タワーのライトアップをイメージしたオリジナルの「東京タワーハイボール」(600円)、容量が2倍の「メガ角ハイボール」(850円)、「ザ・プレミアム・モルツ」(580円)、「オールフリー」(400円)など。店舗マネジャーは「東京タワーハイボールは、今年からバーボン・ウイスキーのMaker's Mark(メーカーズマーク)とドライクランベリーの漬け込み酒の組み合わせにリニューアルを行った。大人好みで、クラフト感のあるハイボールを味わってほしい」と話す。

 フードメニューはマザー牧場(千葉県)が提供する「厚切りベーコン」、数量限定の「日替わり鉄板焼き」(以上500円)、「ソーセージ盛り合わせ」(1,000円)をはじめ、「もつ煮込み」「いか焼き」(以上600円)などを用意。今年初登場のメニューとして、2種類のハイボール(角ハイボール、ビームハイボールが各1杯)と2種類の唐揚げ(王道からあげ、スパイシーチキンが各2個)がセットになった「2種のハイ&カラセット」(1,100円)を提供。それぞれ単品で注文する金額のほぼ半額になる。

東京タワーマーケティング課の澤田健さんは「5月6日まではライトアップされた333匹のこいのぼりと東京タワーを見上げながらおいしいお酒を楽しむことができる」と話す。「キャシュオンデリバリーなので、1杯だけさくっと飲むスタイルで気兼ねなく利用してほしい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は16時~22時30分(土曜・日曜・祝日は12時から)。9月30日まで。荒天中止。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇治野宗輝さんの動く彫刻「ドラゴンヘッド・ハウス」(完成イメージ)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング