天気予報

28

19

みん経トピックス

六本木で妖怪画家による個展東京タワーに「天の川」

六本木に紹介制パーティー施設「HECATE ISLAND」 来場者参加型ショー展開

六本木に紹介制パーティー施設「HECATE ISLAND」 来場者参加型ショー展開

同施設のショーでパフォーマンスを披露するダンサー

写真を拡大 地図を拡大

 六本木にパーティー施設「HECATE ISLAND」(港区六本木3)が5月31日、期間限定でオープンした。

HECATEを参加者に配るダンサー

 ノンアルコールドリンク「HECATE」のプロモーションの一環としてオープンした同施設。HECATEは「シラフでアガる」をコンセプトにしたパーティー向け炭酸ドリンク。HECATE社長の道下江里花さんは「酒は苦手だがパーティーを楽しみたいという人向けにオープンした」と説明する。

 施設内は最大40人を収容。内装は「孤島」をイメージし、地面には白い砂を敷いた。一つのストーリーに沿ってショーを約40分間にわたって行い、DJが登場し音楽を鳴らすほか、ダンサーなども登場してパフォーマンスを披露する。ショーにはアトラクション要素も取り入れ、大型スクリーンを使ったゲームなども含まれている。

 入場は紹介のみ受け付ける。施設内にある専用QRコードを来場者がスマートフォンから読み込み、URLを発行して友人などを招待できるシステム。グループでの参加は最大で5人まで受け付けており、来場者は入場時に配布された仮面を付けてショーを楽しめ、HECATEが無料で配られる。

「六本木にあるショー施設の形態とはかなり異なる、新感覚パーティー施設となっている。デジタルのインタラクティブな要素も取り入れたので、若い世代の人たちはかなり楽しめると思う」と道下さん。「酒が飲めないという人ももちろん、パーティー好きや、ダンスなどのライブパフォーマンスが好きな人は足を運んで、ショーなどを通じて『シラフでアガる』という体験をしてほしい」とも。

 木曜~土曜のみ営業。ショー開始時間は、18時、20時、22時。入場無料。9月末までを予定。

グローバルフォトニュース