食べる

六本木に一日30食限定のハンバーガー専門店 高級焼き肉店と同じ和牛使う

同店で提供する一日30食限定の「リアルバランバーガー」

同店で提供する一日30食限定の「リアルバランバーガー」

  •  

 六本木に和牛ハンバーガー専門店「ALDEBARAN(アルデバラン)」(港区西麻布3、TEL 03-6434-7800)が6月1日、オープンした。

 「和牛ハンバーガー」をコンセプトにしたハンバーガーを提供する同店。高級焼き肉店に卸す和牛肉と同じ肉を使う。シェフを務めるのは、ハンバーガー店「R-S」(松戸市)にかつて勤めていたミノタウロスKAYAさん。「名店と呼ばれるR-Sの技術を受け継ぎ、食す人全てに人生最高のバーガーを届けたい」と話す。

[広告]

 提供するメニューは、一日30食限定の「リアルバランバーガー」(1,600円)。和牛肉のほか「秘伝のテリヤキソース」「半熟エッグ」「チェダーチーズ」「タマネギ」をバンズの中に挟み込み、食べて口の中にあふれ出るほどたっぷり入った肉汁が特徴という。パティが2段になっている「グレートホーンバーガー」(2,400円)なども用意する。

 「同じ肉の同じ部位でも日によって味が全然違うので、しっかりと見極めてスパイスの調合やこね方を細かく変え、特に焼き方はこだわる」とミノタウロスさん。「あめ色になるまでタマネギを蒸し焼きにするなど、一つ一つの素材を丁寧に調理しているのも特徴。ハンバーガー好きは一度足を運んでほしい」とも。

 営業時間は11時~17時(なくなり次第終了)。月曜定休。